離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚を回避する方法は相手の立場になって考えて謙虚な気持ちになることです。

離婚を回避する方法は相手の立場になって考えて謙虚な気持ちになることです。
カウンセリング5時間分の内容をマニュアル化!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
妻に許してもらい離婚を回避する方法
1年間・回数無制限メールサポートあり
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

離婚したいと言われた理由

旦那様から離婚をしたいと言われあなたがそれを希望しない場合、要するに離婚をしたくないと思う場合には旦那様に「離婚だなんて嫌だ」という前にはどうして旦那様はあなたに対して離婚をしたいと言い出してきたのでしょうか。どうしても皆さんは自分本位に物事を考えてしまいがちですが、相手がそう思った理由を考えることが先ず一番最初にすべきことです。ですので旦那様に離婚を切り出された時には逆ギレしたり大声を出さずに謙虚な姿勢で少し考えさせて欲しいと伝えましょう。理由がなければ離婚を切り出すはずがありませんし仲が良い関係ので時に離婚を切り出すこともありません。ここ数日のことを振り返ってみると自ずと答えが出てくると思います。

家の雰囲気はどうだったか

離婚のことを告げられた日から遡ると絶対に家の中の雰囲気は良くはなかったはずです。それは少なくとも奥様の方でも感じられたはずです。ではどうして良くなかったか。ここからは相手の気持ちになって考えないと行けません。もし生まれてこのかた相手の気持ちや立場になって考えたことがないと言う方は離婚をしたくないのであれば逃げずに考えないといけません。そしてそのプロセスと言うのは実は難しいことではなく、自分が相手に対して行った言動や行動を思い出し、もし自分が相手に同じことをされたらどう思うのかと言うことを考えれば良いのです。家の雰囲気が悪くなるのには必ずその中に答えが隠されているはずです。

<< 下に続く >>

旦那様との話し合い

前項に書いたプロセスを行った中で皆さんの心の中に思い当たることが出てきたら、忘れない様に必ず紙に書き留めましょう。もちろん100パーセントの答えであるはずはありませんし答えは一つだけではないかも知れません、それでも良いので自分が思い当たる部分を書き出して旦那様と話し合いをしましょう。その時に旦那様としては離婚の意思が固いと言うことを忘れないで話し合いに望まなければなりません。そして何より大切なことはあなたが離婚をしたくないと言うことを直接の言葉でダイレクトに伝えるのではなく、相手が離婚に至るまでに嫌だったことに対して改善をするということを切に伝えなければいけません。

謙虚な気持ちを持ち続けること

世の中の全ての女性とは言いませんが一般的に男性に比べるとヒステリックになりやすいと言います。しかし事は離婚に関する話ですので冷静に落ち着いて取り乱さずに何より謙虚な気持ちで自分が思った改善点を旦那様に伝えなければいけません。もしかするとそれは旦那様が感じていたあなたに対する不満ではないかも知れません。それでも良いのです。何より今まで謙虚に旦那様と向き合って話をしたことがなかったのであればその姿勢が見えただけでも旦那様に伝わるはずです。そしてその態度を見て感じた旦那様はもう一度あなたとの生活を見直して見ようと思ってくれるはずです。大丈夫ですあなたならきっとできます。
だって離婚をしたくないんですよね。謙虚な気持ちになってみましょう。

【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】

妻に許してもらい離婚を回避する方法

【男性の方はこちら】

突然、妻から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い妻に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら「離婚を回避できた事例」を知ることが大きな力となるでしょう。離婚調停の約6万件のうち約2万件は離婚せずに元に戻っているのですから、あなたにも離婚回避の可能性は十分あるでしょう。

まずは、妻に許してもらい離婚を回避する方法の詳細をご覧ください。
 妻に許してもらい離婚を回避する方法

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法

【女性の方はこちら】

突然、夫から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い夫に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら「離婚を回避できた事例」を知ることが大きな力となるでしょう。離婚を回避できた事例、そして離婚調停を取り下げてもらった事例を簡単に真似をすることが回避する近道になるでしょう。

まずは、夫に許してもらい離婚を回避する方法の詳細をご覧ください。
夫との離婚を回避して元通りに修復する方法