離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚を回避するには家庭のルール作りと話し合いが大切です

離婚を回避するには家庭のルール作りと話し合いが大切です
カウンセリング5時間分の内容をマニュアル化!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
妻に許してもらい離婚を回避する方法
1年間・回数無制限メールサポートあり
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

離婚を回避する為に、家庭のルール作りを行いましょう

離婚を回避するには、家庭のルール作りが大切です。離婚の話し合いまで進んでしまう理由のひとつに、お互いの価値観の違いがあるでしょう。しかし、お互い別の家庭で育ってきたのですから、価値観の違いは必ずあります。そこでお勧めなのが家庭でルール作りをすることです。このルール作りは決して相手に押し付けるようなルールではなく、家族全員で話し合い、納得した上に作成しなければなりません。納得しない上でルール作りをしては、必ず不満が出てきてしまいますので、必ず納得したルール作りをしましょう。妥協できる点は妥協して、相手の言い分もしっかりと加えたルール作りを行うことで、価値観の違いがを克服することが出来ます。

離婚を回避するには、話し合いが大切です

離婚を回避するには、話し合いが大切です。話し合いは、冷静な判断ができる時に行いましょう。冷静じゃない時に話し合いをしても、感情的になり、誤った判断を下してしまう可能性があります。散歩に行って気分転換をして、公園で話し合ったり、信頼できる人を話し合いに加えて話し合ったりすることで、冷静な話し合いを行うことが出来ます。話し合いをする時は、客観的に物事を判断できるような冷静な状態でなければならないので、感情的になっている時は、話し合いをしないようにしましょう。もちろん相手側も冷静な状態でなければ、話し合いを即中断して、冷静な状態になってから話し合うようにしましょう。

<< 下に続く >>

子供がいる場合の離婚回避について

子供がいる場合は、離婚は二人だけの問題だけではなく、子供も巻き込んだ、とても大きな問題になります。家事や金銭面、子育てを一人で育てていけるか、別れたら、相手が引き取ったら、子供に会える時間が少なくなることをもう一度冷静に考える必要があります。そして、子供の為に、離婚しないという考え方もあります。夫婦には、子供を立派に育てたいという共通の思いがあります。その共通の思いを最優先に考えて、離婚をせず、子供の為だけに生きるという選択もあるでしょう。子供は親にとって、宝物です。そんな子供を大切に育てるという二人の想いだけでも、結婚生活は続けていけるでしょう。

離婚を回避する為に、想い出巡りをしましょう

夫婦には、世界にたった一つだけの歴史があります。出会い、プロポーズ、結婚式、普段の生活、子供が生まれた時、楽しかったことや悲しかったこと、二人だけで歩んできた歴史があります、らそこで、想い出巡りをすることで、情が生まれて、離婚を回避することが出来ます。想い出の地へ旅行に行ったり、二人の歴史を振り返ることにより、離婚を回避することが出来ます。人には情というものがありますので、せっかく二人だけで歩んできた歴史をここで終わらせて良いのか、考え直すいい機会となるでしょう。想い出の地で、冷静に話し合いを行うことにより、もう一度頑張ろうという気持ちになれます。

 

【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】

妻に許してもらい離婚を回避する方法

【男性の方はこちら】

突然、妻から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い妻に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら「離婚を回避できた事例」を知ることが大きな力となるでしょう。離婚調停の約6万件のうち約2万件は離婚せずに元に戻っているのですから、あなたにも離婚回避の可能性は十分あるでしょう。

まずは、妻に許してもらい離婚を回避する方法の詳細をご覧ください。
 妻に許してもらい離婚を回避する方法

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法

【女性の方はこちら】

突然、夫から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い夫に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら「離婚を回避できた事例」を知ることが大きな力となるでしょう。離婚を回避できた事例、そして離婚調停を取り下げてもらった事例を簡単に真似をすることが回避する近道になるでしょう。

まずは、夫に許してもらい離婚を回避する方法の詳細をご覧ください。
夫との離婚を回避して元通りに修復する方法