離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚を回避したかったら許してもらえるまで心から謝ろう

離婚を回避したかったら許してもらえるまで心から謝ろう
カウンセリング5時間分の内容をマニュアル化!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
妻に許してもらい離婚を回避する方法
1年間・回数無制限メールサポートあり
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

離婚を回避するには謝罪をする事

離婚を回避するには、パートナーの怒りを鎮めて許しを得なくてはならないでしょう。
しかし謝り方を間違えれば、関係が余計に拗れてしまいます。
なので許してもらえやすい、正しい謝り方を実践しましょう。
大切なのは仮に自分が悪く無かったとしても、離婚を回避したいと思っているのなら自ら謝る事です。
自分は悪く無いという態度を取ってしまうと、「お前のそういうところが気に食わない」等とさらに怒らせる事にも繋がります。
しかし上手に謝って相手の感情が落ち着いたら、向こうも自分のミスを認めてくれるかもしれません。
「自分は何をしていたのか」と、反省してもらえる可能性も高まります。
子どものように意固地なっていたら仲直り出来る物も出来無いので、責任転嫁は辞めましょう。

謝る時は心を込めて謝る

離婚したく無ければ上辺の言葉だけで無く、誠心誠意心を込めて謝罪する事が必要です。
人は「一生懸な人に好感を抱く」という傾向が有るので、必死に謝れば謝るほど相手に熱意が伝わります。
また謝る時はパートナーの名前を挟む事で、親近感を高める事が可能です。
逆に全く名前を出さ無いと「テキトーに言っているだけじゃ無いか」と、疑われてしまう場合も有ります。
ですので誰が誰に謝っているのかを明確にするためにも、名前を呼びながら謝って下さい。
名前は文頭に入れると、スムーズに呼べるでしょう。

<< 下に続く >>

謝罪は3段階に分けて行うと良い

また謝る時は最初は口頭で謝って次にメールをし、最後に手紙を書いて謝りましょう。
悪い事をした自覚が有るのに(貴方が悪く無いとしてもそのような体で考えて下さい)最初から文面で謝ってしまうと、逃げているようにも捉えられかねません。
つまり「直接言えないから文で伝えて来た」と、勘違いされてしまうというワケです。
なので最初は相手の目を見て、自分の言葉で謝りましょう。
次に直接謝って許して貰えなかった時に、メールを打ちます。
対面で謝られただけだと相手も感情を抑えきれ無かったりしますが、そのような時に改めて文面で謝罪されると冷静な心でその謝罪を受け入れられるようになります。
それにじっくり考えてから送信出来るメールなら相手の立場に立って謝りやすくなるので、「あの時の言葉は本心なんだな」と分かってもらえるのです。
しかし自分の字では無いメールだと、素っ気なさを覚えられてしまう事も多いです。
ですからメールをしてもイマイチその心が伝わら無かった時は、直筆で手紙を書きましょう。
手紙は殴り書きをせず、出来る限り丁寧な字で書くようにします。
綺麗な文字の方が、相手からの好感は高くなります。
そして方法を変えて3度も謝る事で、謝罪の本気度をアピールする事も出来るのです。
ですから離婚を回避するための謝罪は「すぐに出来る直接」・「じっくり考えられるメール」・「心を伝えやすい直筆の手紙」の順に、真心を込めて行って下さい。
けれど謝罪をする時に最も大切なのは、方法よりも気持ちです。
どれだけ優れた方法で謝ったとしてもそこに気持ちが入っていなければ意味が無いので、心から謝りましょう。

【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】

妻に許してもらい離婚を回避する方法

【男性の方はこちら】

突然、妻から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い妻に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら「離婚を回避できた事例」を知ることが大きな力となるでしょう。離婚調停の約6万件のうち約2万件は離婚せずに元に戻っているのですから、あなたにも離婚回避の可能性は十分あるでしょう。

まずは、妻に許してもらい離婚を回避する方法の詳細をご覧ください。
 妻に許してもらい離婚を回避する方法

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法

【女性の方はこちら】

突然、夫から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い夫に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら「離婚を回避できた事例」を知ることが大きな力となるでしょう。離婚を回避できた事例、そして離婚調停を取り下げてもらった事例を簡単に真似をすることが回避する近道になるでしょう。

まずは、夫に許してもらい離婚を回避する方法の詳細をご覧ください。
夫との離婚を回避して元通りに修復する方法