離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚を回避する方法!パートナーに対して真心を伝えられるかどうかがポイント

離婚を回避する方法!パートナーに対して真心を伝えられるかどうかがポイント
絶対に別れたくない…離婚したくない…。
離婚を回避できた「事例」は存在します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
妻に許してもらい離婚を回避する方法
真剣に反省していることを分かってほしい…。
1年間・回数無制限メールサポートあり
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

浮気が原因で離婚に至るケースは非常に多いです。しかし、一方でパートナーに浮気されても「離婚だけはしたくない…」と考える人が多いのも事実です。離婚を回避するために大切なことはパートナーに対してフリではなく「真心(嘘偽りなく真剣な心)」を伝えられるかどうかがポイントです。

夫が浮気した場合の離婚したくない妻の立場

旦那さんが浮気をした場合、最初は怒りに任せて離婚を口にするかもしれません。しかし、冷静に考えてみた場合、離婚後の経済的事情、お子さんがいる場合の教育環境問題、妻自身の老後の問題、など様々な困難が予想されます。その場の感情で簡単に決めるものではないと思います。

冷静に自身の感情と予想される離婚後の困難を天秤に掛けることができるかどうか、そこがポイントになるでしょう。離婚を回避する決意ができた場合、今一度冷静に夫の良いところを見つめ直してみましょう。何か一つでも良いところが再発見できたら今後の生活も何とか展望が開けるのではないでしょうか。

冷静さを失っていると節穴状態で見てしまいやすいので一時の感情に左右されがちです。大事なことは夫婦最後まで一緒にいて愛を育むためには「浮気という課題を乗り越えていく必要」もあります。浮気という課題を乗り越えることで深い絆で結ばれていくのです。

夫が浮気した場合の離婚したくない夫の立場

旦那さん自身が浮気をしてしまったけど離婚したくない場合、これは妻にひたすら謝るしかありません。身から出たさびでもあり自分勝手の象徴のような立場です。自分が浮気をしておいて、いざばれるとやはり家庭を壊したくはない、妻と別れたくはない、ということですから。狡さは歯車をずらします。

妻に謝る前提として、まず浮気相手の女性とはきっぱり別れることが最低条件でしょう。そのうえでひたすら謝るという態度に出てみましょう。それでも許してもらえるかどうかはわかりません。時間も掛かるでしょう。しかし、誠心誠意謝ることによって活路が開けるかもしれません。

浮気をしてしまったら、嘘ではなく「本心で謝ること」です。相手の立場に立って相手がなぜ傷ついたか。何故嫌がったかを相手の本心を聴くことです。その相手の気持ちを理解した上で本心から謝ることが大切です。

妻が浮気した場合の離婚したくない夫の立場

奥さんが浮気をしてしまったけど旦那さんが離婚したくない場合は、まず奥さんのことを許せるかどうかを冷静に考えましょう。一時の感情に任せて「出ていけ!」と言うのか、それでもやはり妻が必要と思えるのか自問自答してみなければなりません。そして相手の気持ちへの「理解を深める」ことも大切です。

<< 下に続く >>

どうしても別れたくないと思えれば肝要な心で許してあげることです。一度裏切られた心には傷も残れば侮辱されたという気持ちも残るでしょう。しかし、それ以上に妻をまだ愛しているのだという気持ちがあれば広い心で許してあげられるのではないでしょうか。人は寂しいと浮気をしてしまいやすいのです。

人は満たされていないと何かで満たしたくなる。その1つが「浮気」です。満たされていなかった「不満」の気持ち、その裏にあるかもしれない「寂しさ」など、そういった気持ちを理解したいと思えば許せるかもしれません。二人で人生と言う山を最後まで一緒に乗り越えるには「勇気」が必要です。

妻が浮気した場合の離婚したくない妻の立場

奥さんがしてしまった浮気は遊びだったのかどうかを振り返らなければなりません。やはり誠心誠意謝る気持ちが生じるかどうかが鍵になるでしょう。先々の生活のことを考えれば打算と妥協で妻の立場を守りたいと考えるかもしれません。しかし、それではお互いが「また不幸な状況に」陥りかねません。

旦那さんに対して愛情が残っていればやはり浮気は一時の気の迷いだったことを懸命に説明し、旦那さんと共に今後の人生を歩んでいきたい気持ちがあることを一生懸命伝えることが重要です。そして相手がどのように傷ついたのかも相手から本心を聴いて理解することです。

いずれの場合もパートナーに対して真心を伝えられるかどうかがポイントになります。離婚を回避してパートナーと共に新たな人生を歩んでいく決意を伝えるよう努めることが肝要です。

もちろんお子さんがいる場合は離婚はできるだけ避けた方が良いでしょう。昔から「子は鎹(かすがい)」と言います。お子さんの将来を第一に考える必要があります。鎹のように2人を繋ぎとめてくれる存在。それは2人の絆を深めることを最後まで応援してくれているようにも思えます。

離婚を回避するにはパートナーに対して真心を伝えること。「真心」は嘘偽りなく真剣な心のことです。その為には「フリ」はいけません。相手を尊重して相手の立場になって相手の気持ちを理解することが大事なことです。

 

【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】

妻に許してもらい離婚を回避する方法

【男性の方はこちら】

突然、妻から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い妻に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら「離婚を回避できた事例」を知ることが大きな力となるでしょう。離婚調停の約6万件のうち約2万件は離婚せずに元に戻っているのですから、あなたにも離婚回避の可能性は十分あるでしょう。

まずは、妻に許してもらい離婚を回避する方法の詳細をご覧ください。
 妻に許してもらい離婚を回避する方法

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法

【女性の方はこちら】

突然、夫から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い夫に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら「離婚を回避できた事例」を知ることが大きな力となるでしょう。離婚を回避できた事例、そして離婚調停を取り下げてもらった事例を簡単に真似をすることが回避する近道になるでしょう。

まずは、夫に許してもらい離婚を回避する方法の詳細をご覧ください。
夫との離婚を回避して元通りに修復する方法