離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚危機を乗り越えるには離婚の危機に陥った正しい原因を知ること。

離婚危機を乗り越えるには離婚の危機に陥った正しい原因を知ること。
絶対に別れたくない…離婚したくない…。
離婚を回避できた「事例」は存在します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
妻に許してもらい離婚を回避する方法
真剣に反省していることを分かってほしい…。
1年間・回数無制限メールサポートあり
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

1、離婚回避が出来た成功事例

離婚と言ってもお互い、話し合った結果、回避できた例は幾つかあります。

(1)は幼い子供がいた場合です。

よほどのことがない限り、親権は女性側になります。
だけど、男性と違い女性の場合、収入面がネックになります。
男性側も月々、支払う養育費のことを考えたら離婚をを考えなおすケースが存在します。

(2)は夫(妻)の浮気が原因だった場合になります。

確かに浮気は相手を裏切った行為です。
内容によっては決して許せないと思うかもしれません。
しかし、相手が浮気を反省し、誠意をこめて謝罪することで離婚が回避される可能性もあります。

(3)はやはり、コミュニケーション不足でしょう。

結婚後のお互いの思いのすれ違いはよくあることです。
特にお互い、仕事がある場合は二人だけの時間が持てず、そのまま離婚となるケースがあります。
回避するならお互いに二人だけの時間や共通の趣味などを持つべきでしょう。

2、離婚届の不受理申出制度を利用して勝手に離婚届を出されないように

誰でも離婚なんてしたくないはずです。
なんとか、離婚回避を考えましょう。
離婚がこじれた場合、離婚届の不受理申出書を出しておくべきです。

要するにこれさえ出しておけば、相手が勝手に離婚届けを出しても受理されません。

それに離婚届の不受理申出制度を利用すれば、何かあった時に話し合いができます。

3、離婚の危機に陥った正しい原因を知る

誰もが離婚の危機に陥った正しい原因を直視できない傾向があります。

だけど、離婚を回避したいのなら知りたくない事実も受け入れなくてはなりません。
それに、案外、自分が気が付かなかったところに離婚の原因があるかもしれないからです。
要するに現実を直視しないことにはいつまでも、お互いが平行線のままです。

根本的な原因を解決しないと一時的に離婚が回避出来ても、再び離婚の危機を迎えてしまうでしょう。

4、相手の気持ちも深く理解する大切さ

離婚を回避するために必要なことは相手のことを受け入れることができる寛容さです。
それはつまり、相手の気持ちを深く理解することと同じです。

確かに離婚をしたいと思う人達の中にはパートナーが自分を理解してくれないのが原因だというからです。

まず、相手の気持ちを理解するためには話し合うべきです。

その際、なるたけ感情的にならないように気をつけましょう。

5、悩まずに相談しよう!離婚を回避したい場合の相談先について

離婚回避をしたいのなら一人で悩まないことが大切です。
自分なりに相談先を見つけておきましょう。

<< 下に続く >>

(1)友人・知人に相談する場合

一番、身近にいる存在が友人・知人です。
実際、結婚している以上すでに親から独立してています。
場合によっては、親から離れて生活している人もいるかもしれません。

それに自分達を客観的に見てくれるので案外、相談しやすいでしょう。

(2)両親に相談する場合

やはり、相談すべきは両親です。

確かに熟年離婚の場合、親がすでに亡くなっている場合があります。
だけど、親がいるなら相談すべきです。
というか、親なら自分のことや相手のことをよく知っている可能性が高いです。

それに親は人生の先輩でもあります。
なので、離婚回避のためにいい知恵を授けてくれるかもしれません。

(3)離婚カウンセラーに相談する場合

まず、離婚カウンセラーによる離婚カウンセリングで離婚を回避する方法があります。
離婚回避は離婚の専門家に相談すると早く解決すると言われているからです。
それに、専門家だからこそ沢山のケースを知っています。

それらを参考にすることで回避につなげることができるはすです。
離婚カウンセラーは離婚問題の相談窓口のようなものだから、相談して離婚を薦められることはありません。

(4)弁護士に相談する場合

まず、離婚問題を相談するのに弁護士を利用するのは自分の権利を守るためです。
目的はあくまでも、離婚を回避することです。
なので、その点もしっかり伝えておくべきです。

ちなみに弁護士や離婚カウンセラーに相談する場合は料金が発生します。
その点をよく考慮して自分の権利を守りつつ、離婚回避に向けて話を進めていきましょう。

6、離婚を回避するには成功事例を真似ること

当然のことながら、過去に離婚を回避したケースは幾らでも存在します。
離婚回避を考えている側にとって、それは貴重な成功事例です。
要は自分の身に起こっている問題を成功事例に当てはめて考えていけばいいということです。

大体、沢山の成功事例の中には必ず、一つや二つくらい似たケースがあるはずです。
それを真似ることにより、離婚回避できたカップルも存在します。

というのも、離婚調停は1年間で約6万件程だと言われています。

そのうち、半分が離婚が成立し、1万件ほどが離婚裁判に移行して続けられると言われています。

結局、残りの2万件ほどが離婚回避に成功しているという計算になります。

7、離婚を回避するためのポイントまとめ

誰もが離婚を前提として結婚するわけがありません。
なので、離婚問題が持ち上がった原因を自分なりに追求することが大切です。
さらに、離婚を回避したいのなら相手の言葉に流されず、自分の意志を強くして相手に向き合うことが大切です。

そのために何が必要なのか一人で悩まず、周囲の手助けも借りて行動するべきです。


妻に許してもらい離婚を回避する方法

【男性の方はこちら】

突然、妻から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い妻に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら「離婚を回避できた事例」を知ることが大きな力となるでしょう。離婚調停の約6万件のうち約2万件は離婚せずに元に戻っているのですから、あなたにも離婚回避の可能性は十分あるでしょう。

まずは、妻に許してもらい離婚を回避する方法の詳細をご覧ください。
 妻に許してもらい離婚を回避する方法

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法

【女性の方はこちら】

突然、夫から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い夫に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら「離婚を回避できた事例」を知ることが大きな力となるでしょう。離婚を回避できた事例、そして離婚調停を取り下げてもらった事例を簡単に真似をすることが回避する近道になるでしょう。

まずは、夫に許してもらい離婚を回避する方法の詳細をご覧ください。
夫との離婚を回避して元通りに修復する方法

コメント投稿
お気軽に投稿していってください。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)