離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚を希望している妻への対処法について

離婚を希望している妻への対処法について
カウンセリング5時間分の内容をマニュアル化!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
妻に許してもらい離婚を回避する方法
1年間・回数無制限メールサポートあり
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

.妻の意見や話しなどは、積極的に耳を傾けるようにする

女性が離婚したい思いを、はっきり告げて来るのには、それなりの何らかの理由などがあったりします。

この事を男性の視線から見て、『何で〜?その程度の事なのに…』などと、思ってしまうような事があってでも、女性の立場からすると、別記や離婚などのトラブルなどへと進行しまい兼ねない、非常に深刻な問題であったりするのです。

なので、もしも別居や離婚したいなどと、はっきりとお願いされたりしたら、決して怒ったりせずに、充分に気持ちに余裕を持って、きちんと聞いて行くようにして下さい。

.妻がの愚痴や不満などに、絶対に逆ギレしたり、反発してはならない

妻の別居や離婚をやりたい理由などへと、幾ら落ち着いて、穏やかに耳を傾けていてでも、必ず納得行かない部分などで出て来てしまいます。

その為つい感情的になってしまい、『これは違うんだって!お前の勘違いだよっ!!』などと言った風に、強い口調によって言い返してしまいがちです。

この時では、あなた普段勤務している、会社のミーティングでもなければ、議論を交わして行く場所でもございません。

ですので、何とか上手く我慢しながら、自らの考えや思いなどを、きちんと抑えて行きながら、妻の話しの聞き役へと、積極的に徹するようにして下さい。

どうしてかと言うと、別居や離婚などを強く希望しているのは、飽くまでも妻側であるからです。

この思わぬ事態などを、何としてでも修復したいと、強く願っているのがあなた(夫)である為、一体どちら側の立場などが優位な状態にあるのかと言うと、明らかに妻の方にあるからなんです。

<< 下に続く >>

.妻が発する言動などには、決して歯向かう事などなく、分かりやすく説明しましょう

もし仮に詳しく説明しようとして、その事から精神的に緊張したり、不安定になってしまい、いつもより力んだ状況になり、言葉を発したりすると、聞かされた妻自身は、『何よ…自分の主張ばっかしじゃない〜』などと言った具合に、深い不快感などを必ず示してしまう事でしょう。

但しだからと言って、自信を持てないままで、曖昧に発言してしまうと、『自分を何とかごまかそうとしているだけじゃない〜』などや、『ただ単に言い訳しているだけなんじゃないの〜?』などと、悪い方へと受け止められて、そう解釈されてしまったりします。

一旦こうような状態になってしまう事で、あなたに対しての印象が、かなり悪くなってしまい、別居や離婚の方向へと、益々突き進んでしまいます。

そうならい為には、妻が思い抱いている深い話しなどを、絶対に抵抗する事などなく、まず最後までじっくりと聞いて行くようにします。

暫く時間をおいてから、優しい口調により、『この話しについてなんだけど‥お前の意見には賛成なんだよ〜』などと、共感しているようにしながら、上手説明して行くようにして見て下さい。

このように対処して行く事により、別居や離婚などの、最悪のアクシデントなどを、確実に回避出来たりするはずです。

 

【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】

妻に許してもらい離婚を回避する方法

【男性の方はこちら】

突然、妻から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い妻に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら「離婚を回避できた事例」を知ることが大きな力となるでしょう。離婚調停の約6万件のうち約2万件は離婚せずに元に戻っているのですから、あなたにも離婚回避の可能性は十分あるでしょう。

まずは、妻に許してもらい離婚を回避する方法の詳細をご覧ください。
 妻に許してもらい離婚を回避する方法

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法

【女性の方はこちら】

突然、夫から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い夫に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら「離婚を回避できた事例」を知ることが大きな力となるでしょう。離婚を回避できた事例、そして離婚調停を取り下げてもらった事例を簡単に真似をすることが回避する近道になるでしょう。

まずは、夫に許してもらい離婚を回避する方法の詳細をご覧ください。
夫との離婚を回避して元通りに修復する方法