離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚を回避するための4つのテクニック

1919 views
約 4 分
離婚を回避するための4つのテクニック

1.熟年離婚を回避するには

例えば30歳で結婚、出産をした人が子供に関わる時間は子供が巣立つまでの20年〜25年です。そうすると親とはいえ1人の人間ですのでまだ50だと思えば第二の人生を歩みたいと言うことで、簡単に旦那様に離婚を言う奥様も多いのが現実です。これは俗に言われる熟年離婚になる訳ですがどうして熟年離婚離婚と言う発想になるのでしょうか。それは今までお子様のためだけに生きてきて夫婦間の愛情がなかったためです。特に女性の方は何歳になっても花咲きたいと言う願望がありますのでお子様の教育に熱を注ぐことも大切なことですが、巣立った後に突然、熟年離婚を宣告されない様に常日頃から奥様とちゃんとコミニュケーションを取ることを心がけましょう。

2.押さえつけた考え方は止めましょう

奥様方から離婚を宣告される理由の中でも多いのが旦那さまとの性格の不一致によるものです。これは女性と言うものは男性に比べて我慢強いので、旦那様の取ってきた態度に対してずっと我慢をしてきた積み重ねが爆発したと言っても良いでしょう。また、特に旦那さまとしては奥様に対して意見を押し付けて自分の思う様にコントロールしたがる傾向があります。更に酷い場合には、もし自分の思い通りに奥様が言うことを聞かなかった場合には手を挙げたりする場合もあるのです。ここまで来るとDV(ドメスティックバイオレンス)になってしまうので男性側としてはどうして自分はこんなことをしてしまったのだろう、精神的に押さえつけてしまったことが原因であったと気がつくことが大切です。

3.奥様の話も聞きましょう

男性というのは自分の話は聞いてくれないと機嫌を損ねてしまうものですが逆に奥様の話は面倒くさいので聞かないと言う傾向があります。旦那さまは会社に行けば人との関わり合いがありますので仕事が大変だとは言え、話し相手がいますのでストレス発散をすることができます。しかし奥様側からすると特に小さなお子様がいるご家庭では朝から晩まで子供の世話をしているだけで1日が終わってしまいます。これは裏を返せばずっと家にいるので誰とも接することがないということです。なので、ただでさえお話好きな女性が話す唯一の話し相手は旦那さましかいないのです。でもここで話を聞いてくれないとすると奥様としてはストレスのはけ口が全くなくなってしまうことになります。なのでこうなると奥様としては旦那といること自体が苦痛になってしまいますので離婚を考える様になってしまいます。なので離婚の危機を回避するには自分の話だけではなくて奥様の話も聞いてあげる様に心がけましょう。

4.価値観の違いも楽しみましょう

人は特に人との間で価値観の違いを感じた時には相手に自分の感性を押し付けたり又は牽制したりしてしまいます。これを結婚生活に例えてみますと、いくら愛し合った2人でもそれまでに育ってきた環境が全く違う訳ですから価値観が違うのは当たり前です。そして長い結婚生活の中でこのことにいちいち腹を立ててしまうと離婚の原因の元になってしまいます。ですのでせっかく好き合って結婚をした訳ですので『こう言う物の考え方もあるのだ』と相手のことを理解をして楽しむことが大切です。また人の考え方を理解しようとすることは自分の視野を広げることにもなりますのでお仕事をする上でもとても良い風に働きます。それを大好きな奥様から学べるということはとても喜ばしいことだと思って生活をして行けば性格や価値観が違うことでの離婚の危機は訪れないはずです。

 

【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

マニュアル作成者の保有資格:
・米国NLPマスタープラクティショナー
・ケアストレスカウンセラー
・青少年ケアストレスカウンセラー

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」

離婚後、復縁したいならこちら

”カップルが別れてからの復縁と離婚からの復縁は使う方法が大きく異なります。離婚からの復縁も7stepでは網羅していますから安心です。(リンク先より引用)”

【7step】はこちら(無期限・無制限メールサポート付き)
復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!

この記事を書いた人(寄稿者)

みんなの記事を代理投稿
みんなに書いてもらった記事を代理投稿しています。投稿記事は色々な方が書いた文章になります。とても良い文章が沢山ありますので、あなたのお悩みが解決することのお役に立てるかもしれません。

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)