離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚を回避する、最適なコツに関して

1246 views
約 3 分

別居や離婚などを上手に避けて行く為には、『このように対処しておけば、絶対に大丈夫!』などと言う、確実な対策法などは、残念ながら存在しません。

配偶者間の問題とは、多種多様であり、様々なタイプの夫婦が実在するだけ、その分数々の原因などが実在するからです。

この部分などを、予めきちんと認識した上で、別居や離婚の危険などを、上手く回避させて行く、賢い秘策などについて、詳しく説明して行きたいと思います。

・有効的な別居や離婚回避のポイントに関して

.その1:必ず冷静になり、落ち着いた精神状態により、接して行くようにします。

離婚する一歩手前である、別居状態へとなった際では、以下の例などが挙げられます。

.『なるべく早めに、しっかり修復し、元通りに改善したい』

.『別居は嫌だ‥何としてでも解決したい…』

※これらのように考えたり、思ったりするのが、大半の割合などを占めております。

但し『難無く直ぐにでも、元に戻したい〜』や、『急いで解決したい!』などと焦ってしても、相手のパートナーが、その事を素直に受け入れて、あなたの思い通りになるとは限りません。

最も肝心なのは、初めにあなた自らが冷静なる事であり、後から相手の配偶者へと落ち着いたもらう事です。

幾ら夫婦関係にあったとしてでも、お互いが怒って、興奮した精神状態により、意見を交わし合ったりすると、つい傷付くような発言をやってしまいます。

その事で更にギクシャクしてしまい、別居を避けるどころか、最悪の場合離婚する方向へと、話しが大きく様変わってしまうからです。

.その2:あなた自身の事を、もう1度じっくと見つめ直す

相手のパートナーから、突然別居や離婚などを告げられたとしてでも、全ての責任がある訳では、決してありません。

しかし別居や離婚をやりたいと伝えて来たのは、相手の配偶者であるので、あなたが、問題などがないなどと、幾ら強く言い返していてでも、状況はどんどんと悪化してしまい、上手に修復する事が厳しくなってしまいます。

パートナー間で別居や離婚のトラブルなどを、しっかりと避けて行く為には、どちらかの配偶者が妥協して、反抗せずにすんなりと受け入れなければ行けません。

もし仮に、あなたが別居や離婚を絶対に避けないと、強く望んでいるのならば、自分自身の欠点などを探し出し、ちゃんと直して行く必要性などが、出て来たりします。

.その3:パートナー同士で、互いの意見などを、ちゃんとすり合わせる

別居した要因に関わらずに、夫婦の絆を確実に元通りにする為には、あなたと相手の配偶者が持つ、それぞれの意見などを、きちんとすり合わせなくては行けません。

その為には、相手のパートナーとあなたとの、価値観が違う所や、考え方が異なる部分などを、再認識して行く事が必要不可欠になって来ます。

この食い違う点などを、一体どうやれば、少しでも合わせる事が出来るのか、真剣に捉えて、しっかりと考えて行かなくてはなりません。

【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)