離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚回避するためにやることは「自分を見つめ直すこと」と「相手の信頼を取り戻すこと」そして相手の怒りの奥にある「悲しみを理解すること」で癒しが起こる!

87010 views
約 13 分
離婚回避するためにやることは「自分を見つめ直すこと」と「相手の信頼を取り戻すこと」そして相手の怒りの奥にある「悲しみを理解すること」で癒しが起こる!
夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる方法
【改訂版】「夫の浮気・解決法」
プロ心理カウンセラーによる離婚を回避する方法
【男性の方はこちら】【女性の方はこちら】

離婚を回避することが出来た人たちが
大勢います。(6万件中2万件は離婚回避

諦めないでください。

離婚危機を修復して乗り越えるには今までの蓄積を理解すること

長い間、誰かと一緒にいると相手の嫌な面ばかりが目についてしまいやすい時期があるものです。「トイレの入った後が嫌だ…」「仕草がなんか気に入らない…」「返事の仕方がなんか嫌だ…」など。

これは、「距離感が近いことで嫌な面ばかりが目につきやすい」のです。そして、嫌な面ばかり見続けると何もかもが嫌になってしまい、些細なことがキッカケで別れることになってしまう場合があります。そして別れた後に「反省」するケースもありますよね。それは、別れることで「異常な距離感」が「正常な距離感」に近づいたからです。

つまり、慣れすぎると、距離感が近くなりすぎて、依存したり、尊重を忘れたりして、上手くいかなくなることもあります。そして些細なことで別れることもあります。キッカケは「些細なこと」だったとしても、その背景には今までの蓄積があることを忘れてはいけません。

つまり、離婚を回避するには「今までの蓄積」も含めて「理解」出来るかが大事なポイントの1つになります。「今までの蓄積」というのは心の奥、潜在意識(無意識)に蓄積されているものです。心の奥、潜在意識(無意識)に詳しい人は、心理のプロです。あなたが、本気で離婚を回避したいと思うのなら「数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーの力」を借りてみて下さい。

離婚の危機は、「バランスの良い距離感」を取り戻して「相手への尊重」を取り戻し、お互いに幸せになっていく大きなチャンスでもあります。

プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

離婚を回避するなら「自分を見つめ直す事」と「相手の信頼を取り戻す」こと

ほとんどの夫婦は、なんらかの原因で一度は離婚危機を迎えます。長く一緒にいるとお互いの意見をぶつけ合うようになり、お互いに自分のことを相手に理解してほしいという思いが強くなってしまうケースもあります。お互いに気持ちを理解し合えないことで、生活が難しくなってしまいます。「理解」というのは、とても難しいことなんです。

だから、離婚危機があるのはごく自然な事です。

しかし、全ての離婚危機が回避できるというわけではありません。回避できないぐらい、夫婦仲が修復不可能となってしまう場合もあります。それでも離婚したくない!と強く思うのなら、とるべき行動は2つです。

それは、「自分を見つめ直す事」と、「相手の信頼を取り戻す」です。

離婚回避したいときに「説得しよう!」と思って説得(わからせようと説き伏せること)をしても無意味です。それどころか説得しようとすればするほど悪化してしまう可能性もあります。説得するよりも実際に離婚を回避できた事例を真似るほうがはるかに効果的です。実際に離婚を回避できた事例は、相手にもその思いが届いた確かな方法ということです。

離婚回避の相談を他の人にするなら離婚問題に詳しいプロの心理カウンセラー

また、「自分を見つめ直す事」と、「相手の信頼を取り戻す」を行いながら、他の人に離婚危機を相談するというのが離婚を回避する方法の1つになる場合もあります。何故なら、他の人に相談し意見を聞いたりすることで、自分では気が付かなった自分の問題にも気づくチャンスにもなり、先ほどお伝えした「自分を見つめ直す事」に繋げて離婚を回避するために必要なことが出来るからです。

そこで、この記事では「他の人に相談する」ということを「プロの心理カウンセラー(離婚問題に詳しい)」をおすすめしています。この記事でご紹介している【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】は心理カウンセラーの方が5時間かけて話す内容をわかりやすくマニュアルにまとめてくれているものですが、マニュアルを読むだけではなく「メールサポート(1年間、回数無制限)」も付属しています。このマニュアルを購入すると離婚問題に詳しいプロの心理カウンセラーからアドバイスしてもらえるのです。

しかも料金はマニュアルとメールサポートなど合わせても¥29,800円(手数料、税金含む)です。心理カウンセリングなどを受ければ1時間で10000円だとして5時間受けたら5万円です。カウンセリングを受けるよりもはるかにお得です。

プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

離婚を回避するためにまずは自分を見つめ直すこと

具体的にどうやって離婚危機を回避するかというと、まずは「自分を見つめ直す」ようにしましょう。離婚危機に陥る前までに、パートナーとケンカした事があるけども離婚に至らなかった人は「なぜ、ケンカをしたのか?」を考えます。自分が「相手を怒らせた理由」や「傷つけた理由」をちゃんと考えます。

また、たとえ相手が原因で、ケンカをしたとしても、なぜ自分が怒ってしまったのかも考えましょう。「怒りの感情をなぜ使ってしまったのか…。」とか、「もっと良い方法は無かったか…。」など、できる限り、たくさんの理由や、もっと良かったであろう方法を見つけ出しメモに書きます。メモする事で記憶が次々に戻ってきやすくなりますし、もっと良かった方法を自分に刻み込むことが出来るからです。

また、メモすると頭ではなんとなく分かっていた事も、はっきりと口に出せるぐらい分かってきます。そして、問題を整理しやすくなります。離婚危機を回避するためには、なぜ離婚危機に陥ったのか、今までの夫婦生活を見つめ直す事が大事なのです。今までのマイナスの蓄積によって「離婚の危機」に陥るので、それを紐解けるかどうかが大事なことなんです。必ず離婚危機に至った理由が、複雑に絡み合いながらあるのです。

ここで1つアドバイスですが「怒りは二次感情で、メインの一次感情は悲しみ」と覚えておいて下さい。すると、自分が怒ったのも相手が怒ったのも、実は「悲しんでいた」という可能性もあるのです。しかし、悲しみを上手く「私(僕)は悲しいなぁ」と素直に言えず、余計なプライドなどが邪魔をして、怒りの感情を使ってしまった場合もあるのです。

この事が理解できたら、自分のことも、相手のことも、もっと許せそうな気がしませんか?

理解は癒しに繋がります。相手の深い気持ちを理解する。それが相手を癒すことです。

離婚を回避するために必要な信頼を取り戻すために自分の問題点を改善

メモに自分の問題点を書き出したら、次はそれを改善していきます。メモに書く事で1つずつ問題点がハッキリしていくため改善しやすいです。なぜ自分の問題点を改善するのにそこまで力をいれるのかというと、そういったところを直すというのは離婚回避の可能性を高める「信頼の回復」に繋がるからです。

誰にでも悪い点や間違いはあります。人のことより自分の悪い点や間違いを先に改善するということは相手に「勇気」を与えます。その勇気が「信頼の回復」に繋がる場合もあるのです。

離婚の危機というのは、相手にあなたの信頼がなくなっている時です。あなたが不倫して信頼がなくなっている時もあれば、あなたが相手にとって合わない人間となっている時もあります。どんな状況であれ、あなたと一緒にいたくない…というのが相手の気持ちだと思います。

そして、それを回復するためには「今までの自分から、生まれ変わったよ」と変わった部分をしっかり態度に表して伝えることが大事です。だから離婚を回避するには必ず自分の問題点を改善していくことが必要なのです。

離婚を回避するために両親は力強いあなたの味方となる場合もある

最後に大事なのは、両親と仲が良い場合は、離婚の危機になったら両親に相談する事です。両親はあなたの大先輩です。あなたをよく知っている人だと思います。あなたが経験している危機は両親も経験している可能性があります。そのため、両親に相談してどうすれば離婚を回復できるのかを聞ける場合は聞いて参考にしてみましょう。

ここまで読んでいただけたあなたなら「待っているだけでは無駄」そして「自分が変わる必要がある」ことが、もうお分かりいただけたかと思います。そこで、どう変わればいいか、何をすればいいか、そういった情報を「離婚問題に詳しいプロの心理カウンセラー」から学ぶことは問題解決の時間の短縮に繋がる可能性がとても

プロによる離婚を回避するマニュアルがあるのですが、是非、頼ってみて下さい。

【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】

最大の勘違い「ごめんなさい」では離婚を回避できない

離婚を回避するために、理解しておく必要がある大切なことは「ごめんなさい」は無意味で、最大の勘違い だということです。なぜ、最大の勘違いなのかというと、あなたは、誰かに深く傷つけられたとき「ごめんなさい」と言われ、「あーよかった」と納得できますか?出来ないと思います。また、誰かにあなたの大切なものを破壊されて「ごめんなさい」と言われ、「全然いいよ」と納得できますか?出来ませんよね。

相手に求めるものは「ごめんなさい」の言葉ではなく「ごめんなさい」の意味が正しくなされている「行動」ですよね。つまり、誰かにあなたの大切なものを破壊されたのなら元通りにしてもらうことが本当の「ごめんなさい」の意味になりますので、受け取ることが出来ますよね。

ちょっと話がずれますが親から心を傷つけられた子が、いつまでも傷ついているのも「傷つけられた心を元通りにしてほしい」と親に思っているからなんです。そんな子供の気持ちを理解して親が子供の心の修復に繋がること(子供が自分で自分の心の傷を癒す力をもてるように成長させてあげるなど)をしてあげれば、その子も親になったときに、子供の心を大切に出来る親になれる可能性が高くなるのです。

離婚を回避することも同じなんです。相手に「ごめんなさい」を言えば、相手は「は?ふざけないでよ」と思う可能性が高いのです。「ごめんなさい」「ごめんなさい」「ごめんなさい」と何度も言えば「馬鹿にしてるの?」と相手は怒るかもしれないのです。離婚を回避するためには、相手が怒っている本当の理由を理解し、そして、相手への心からの謝罪の気持ちの「中身」を用意して、相手がしっかり納得できることを理解し、それを実行することが必要なのです。

もっと詳しく知りたい方は、以下のプロの心理カウンセラーの「離婚を回避する方法」をお試し下さい。離婚を回避するためにとても効果的な方法がマニュアル化されています。

この方法を知ることで、あなたも離婚回避できる可能性が一気に高まるでしょう。

妻(夫)が怒る理由がわからない…相手の怒りを鎮める方法

妻(夫)が怒る理由がわからない…。そして理由がわからないまま関係が悪化していき離婚の危機に陥ってしまう。そんなケースも少なくないものです。

「理由」という言葉の意味は「物事がそうなった道筋」のことなんです。つまり「理由」は「これが理由だよ」と単純なものではないということ。たくさんのことが道筋として繋がっていて全体として機能している複合的なもの。それが「理由」なのです。ですので「理由を知る」ということは正しくは「道筋として繋がっていて、全体として機能している複合的なものを知る」ということなのです。

つまり、妻(夫)が怒っている、怒るまでに至った過去から今までの出来事など全体を知るということが「相手の怒っている理由を知る」ということなのです。この全体を知って、理解して、そのことが相手にも伝わって、相手にとって合っていて、そしてそれを解決すること。それで、初めて相手の怒りは鎮まるのです。これは根本的な健全な解決法です。

離婚回避のためのおまじないは意味がない?

強く信じて願えば叶うというおまじない。離婚を回避するために役立つのか。

あまり役立たないと思います。

個人的に思うことですが、離婚回避するために「おまじない」なんてやっている場合じゃないと思います。おまじないが叶うとか叶わないとかいうお話ではなく、離婚を回避するためにおまじないのみに頼ったり、神頼みではなく、自分が動き出して「やれるだけのことをやる」ことが大事です。

学習と具体的行動が大事

この記事でご紹介している「プロの心理カウンセラーによる離婚を回避する方法」のマニュアルを手に入れて、可能性のあることを学び、そして、実践すること。

こういった「やれるだけのことをやる」ことが「結果を変えるかもしれない」のです。おまじないに頼りたくなったり、すがりたくなったりする気持ちはわかりますが、結果につながる可能性がある行動をしていくほうが良いと思います。

その行動の支えとしてのおまじないなら良いかと思います。

回数無制限で離婚回避の相談が可能

こちらの、プロの心理カウンセラーによる離婚を回避する方法のマニュアルを購入された方には、回数無制限で離婚回避のメール相談が可能です。マニュアルだけでも情報が詰まったすごい内容になっていますが、更に、音声による解説までついていて、そこに尚且つ回数無制限のメールサポートまでついています。期間も1年間ですので、思う存分相談することが可能です。

離婚を回避するためのメールや手紙の書き方

離婚を回避する方法のマニュアルを読んでみてわからない部分があったときや、メールの書き方がわからない手紙がうまく書けない自分の考えや行動が間違っていないかという不安があるとき、何でも相談できます。

プロの心理カウンセラーは「絶対にやってはいけないこと」として詳細ページでこう言っています。

・自己流で妻に手紙を書いたが、書いてはいけないことを書いて余計に離婚を加速させる。

離婚を回避する方法より引用

心理がわからないほど、悪化させてしまうことを書いてしまいがちです。

ですので、専門的な知識を持っているプロの心理カウンセラーに相談してみませんか。詳しく書かれたマニュアルです。効果的な手紙のサンプルも複数あります!

【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】

離婚回避できました!離婚回避の事例とブログ

離婚回避できました(みんなの事例)」に、色々な方からブログ記事や文章を投稿していただきました。実際に、離婚を回避できた方たちの文章から、参考になるものがあるかもしれません。

離婚回避事例や、離婚回避した人のブログをお探しなら、1度見てみて下さい。

あと、プロの心理カウンセラーによる離婚を回避する方法のマニュアルでは、「離婚を回避できた事例をマネすればいい」と言っています。本当にそうですよね。実際に、離婚を回避することが出来た人たちの中で、最も効果的だった方法をマネすることが1番の近道です。

詳細ページ(男性はこちら女性はこちら)に、「離婚を回避できた事例をマネすればいい」とう見出しが少し下のほうにありますので、そちらを読んでみて下さい。

別居している間に離婚を回避する方法で学習

別居している間に出来ること。プロの心理カウンセラーの離婚を回避する方法のマニュアルや音声で学習し、出来る限りのことをやる。待っていては何も変わらないですし、誰かにまかせっきりにする気持ちでも変わりません。自分が学習し、やるだけのことをやる。

実は離婚調停が不成立となった約3万件のうち、約1万件は離婚裁判に移行して続けられています。

ということは離婚調停約6万件のうち約2万件は、離婚せずに元に戻っているのです。

だから、あなたは離婚回避という十分に可能性のあることをやろうとしているのです。

離婚を回避する方法より引用

上記の引用に書かれているように、実際に、離婚を回避することが出来た人たちはたくさんいます。

離婚回避の説得をしようと思うなら心理学

離婚回避の説得をするなら、まず「わからせよう」とか「説き伏せよう」という考えは捨てることです。相手の気持ちを尊重することが大切です。「わからせよう」とか「説き伏せよう」というバランスの悪い説得はやめたほうが良いです。

そのためには心理学の知識も大切です。プロの心理カウンセラーはこう詳細ページで言っています。

人が怒る理由に、それほど大きな差はありません。

離婚を回避する方法より引用

なので、実際に成功した人たちの事例をマネすればいいのです。それが、近道です。何故なら「実際に成功した」ということは前記したように実際に離婚を回避できた事例は、相手にもその思いが届いた確かな方法ということだから。

心理学の知識も大切ですが、心理学を学ぶ必要はありません。今から学ぶとすれば大変な時間も必要になります。ですので、近道は、プロの心理カウンセラーから離婚を回避する方法を学ぶことです。メールサポートで、アドバイスももらえます。

 

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 妻に許してもらい離婚を回避する方法
【男性版】

突然、妻から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い妻に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら実際に「離婚を回避できた事例」を知ることが近道となります。離婚調停の約6万件のうち約2万件は離婚せずに元に戻っているので、あなたにも離婚回避の可能性は十分あります。

まずは、妻に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーがまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法
【女性版】

突然、夫から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い夫に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら実際に「離婚を回避できた事例」を知ることが近道となります。離婚を回避できた事例、そして離婚調停を取り下げてもらった事例を簡単に真似することで回避出来る可能性は大きく高まります。

まずは、夫に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーがまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

コメント一覧

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 1 )
  1. 離婚を回避するための3つの方法、確かに分かります。読んでいて「確かに!」と思いました。
    ただ、本当に離婚の危機に陥っている夫婦の場合、頭では分かっていてもこの3つを実行するのは難しいのではないか?とも感じました。

    • 離婚を回避する方法の管理人
      By 離婚を回避する方法の管理人

      自分を見つめ直すこと(反省し修正)

      相手の信頼を取り戻すこと、相手を尊重する

      相手の怒りの奥にある悲しみを理解すること

      こちらの3つは、とても大切なことですが、仰っている通り難しいものです。
      難しいから、離婚の危機へと陥ってしまいやすいものです。

      そして、難しいからと逃げていては本当の問題解決は出来ません。
      ですから、ご自身が難しいことに向き合っていかなくては本当の解決にはなりません。

      その難しさを極力減らすためにプロの心理カウンセラーによる「離婚を回避する方法」のマニュアルがあるのです。

      宜しくお願いします。

  2. 私は結婚経験が無いので、偉そうなことは言えません。しかし、そもそも夫婦とは赤の他人同士がひとつ屋根の下で暮らすこと。私からしてみれば、家族でも色々問題が生じるんですから、他人なら尚更だと思います。でも一緒になって家族になったのだから、一生添い遂げる、それが結婚だと思います。相手を思いやる。お互いが意識していれば離婚なんてしないと思います。それでも譲れない何があれば、別々の道を歩めば良いのではないのでしょうか。

  3. こんにちは、お世話になっております。
    喧嘩から離婚の危機を迎える夫婦はとても多いようですね。
    メインの感情は悲しみ
    メモに書き出す
    この二点はとても大事なポイントだと思います。
    気に入らないから怒っている、と解釈してしまうと、より拗れる原因にもなりますし、悲しんでいると思うと許せることもあるでしょう。
    また、メモに書き出すことで高ぶった感情が落ち着いて冷静に考えることが出来るのでは、と思います。
    どちらも難しいことではありませんから、喧嘩をした際、離婚の危機を迎えた際には是非実践したい方法ですね。

  4. 私の周りにも「離婚」した方がいます。家に遊びに行ったりしていましたので旦那さんも奥さんも良く知っています。些細な事でケンカを良くしていました。結婚したての頃はあんなにも仲が良かったので考えられませんでした。お互いに話し合いも大事だと思いますし、プロ心理カウンセラーの方に相談するのもいいですね。その道のスペシャリストですから。可哀想なのは子供だと思います。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)