離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

絶対に離婚したく無い場合の良い方法

802 views
約 3 分

今回は絶対に離婚したく無い場合の良い方法についてお話をさせていただきます。何かの事情で相手から一方的に離婚をしたいと言い出される場合があります。特に予兆もなくて急に相手が言ってきた時には気持ちが動揺してしまい、相手からすると一気に離婚に踏み込みたいと教えている場合があります。
なのでそんな場合には絶対に離婚したく無い場合の良い方法を考える必要があり、先ず皆さまが対応しないといけない事は『少し考えさせて欲しい』と相手に伝える事です。最終的に離婚と言うのは離婚届けを提出しないと成り立ちませんので、どちらかが一方的に離婚をしたいからと言ってもダメなのです。また離婚を伝えた方も自分から言いだしたは良いものの時間を置いたり相手の表情を見ているうちに気持ちが変わる事もありますので、お互いに時間を取る事は絶対に離婚したく無い場合の良い方法になります。
また上記の方法にも関係しますが、お互いに時間を開ける場合には同じ家にいると日々の積み重ねで更に衝突してしまう可能性がありますので、絶対に離婚したく無い場合の良い方法は別居をすると言う事です。また別居のメリットと致しましてはお互いに顔を合わさなくなる事によって、互いの悪い点が見えなくなるので気にしなくなる事と、その時間が終わると今まで文句を言いながらも当たり前に相手にしてもらっていた事が無くなってしまうわけですので、相手に対して有り難みや寂しさを覚える様になるのです。そうすると自ら離婚宣告をした方も『もう一度気持ちを入れ替えてパートナーと向き合ってみよう』と思う場合もあります。ですので特に離婚宣告を受けた方は寂しいかもしれませんが、近くの寂しさを我慢して遠くの幸せを取れると考えて、敢えて別居の道を取る事も考えて見ましょう。
そして次にご紹介をさせていただく絶対に離婚したく無い場合の良い方法ですが、あくまでも離婚をしないと言う目的に絞っての話になりますが、昔から『亭主元気で留守が良い』と言うことわざがありますが、夫婦間の愛情は無くなってしまいますが、お互いに生活の事は干渉しないと言う方法を取る事も出来ます。
ですので極端な事を言えば旦那さまが浮気をしていようとも、奥さまが夜になって毎日遊びに出かけようとも不平不満を言わずに、ある意味相手の事をただの同居人程度にしか思わないと言う意識になる事です。とても変わった環境下にはなりますが、でもドライでサッパリしていて分かりやすい家庭像と言う事にはなります。
そして最後にご紹介する絶対に離婚したく無い場合の良い方法は『離婚届不受理申出』と言うシステムがあります。これはどの様な物なのかと言いますと、実は離婚届けと言うのは誰が書いても法律的に間違えた書き方をしていなければ役所は受理できるのです。なので極端な事を言えば旦那さまが離婚したい場合に浮気相手に書いてもらえば奥様の知らない間に即離婚成立となるのです。なのでそれを防止する為にも予め提出されるであろう夫婦の名前を申請しておく事でその後に正式な離婚届けが提出されても不受理となるのです。かなり奥の手ではありますが、離婚届けを提出した方は残念なことに離婚する事はできないのです。この様に絶対に離婚したく無い場合の良い方法はいくつかありますので、是非参考にしてみて下さい。

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)