離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

私はこうして離婚を乗り切った!実体験にもとづく離婚回避方法!

私はこうして離婚を乗り切った!実体験にもとづく離婚回避方法!
絶対に別れたくない…離婚したくない…。
離婚を回避できた「事例」は存在します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
妻に許してもらい離婚を回避する方法
真剣に反省していることを分かってほしい…。
1年間・回数無制限メールサポートあり
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

私は離婚したい、夫は離婚したくない。から離婚を乗り切った。

正直な話、私は主人ともう離婚をしたいと考えていました。その理由は、主人の性格と収入からです。主人は子供を大切にしていると思っていませんでした。休日は家族といるのではなく、一人でいたいというタイプです。どこか私や子供が家にいるのが邪魔だと思っていて、結婚自体を後悔している感じがしました。
また、主人の収入は同年代の人と比べて低く、教育費や老後について考えると将来が不安でしょうがなかったです。ケンカが絶えず、私は家を出ていく事もありました。それが続き、私は別居をして離婚まで考えていました。しかし、今は離婚しようと考えていません。それにはいくつかの理由があります。

 

きっかけは主人の言葉から。

離婚したいと思っていた私が離婚を考え直すきっかけとなったのは、主人の言葉からです。主人はケンカしても絶対に自分から折れないタイプでしたが、私が本気で離婚しようとしているのを知って、ようやく言葉で主人の気持ちを教えてくれました。その言葉は「離婚したくないに決まってるじゃん。お前も子供も大事だよ。」という言葉です。離婚を考えていない人からしたら、そんな事は言わなくても分かりきっている事です。しかし離婚を考えている人からしたら、その言葉には重みがあります。相手がなにを考えているか、長く付き合っている夫婦ならば分かるだろうと思うのは間違いです。たとえそうだったとしても、言葉で言われると気持ちが揺らぎます。そして、気持ちを再確認できるのです。

 

<< 下に続く >>

相手を思って変わる事。それが離婚を乗りこえたツボ。

離婚を踏みとどまったきっかけは言葉でも、離婚しないと思った理由は別にあります。いくら言葉で本当の気持ちを伝えたとしても、行動に移さなければ今まで通りの生活です。そして、また離婚したいと思ってしまいます。主人は、言葉と共に行動を変えました。主人の休日は、お皿を洗ったり子供の着替えを手伝ったりと家事を手伝ってくれるようになったのです。
私は家事を手伝って欲しいなんて主人に言っていません。むしろ、家事を手伝わなくてもいいから子供と遊んで欲しいと思っていました。しかし主人はなにを勘違いしたのか、家事をやってくれるようになりました。
これは「私が言っている事、わかってるの!?」と思いそうな行動でしたが、私は離婚を踏みとどまる理由になりました。なぜなら、主人は私の事を考えて行動に移してくれたからです。「相手の事を思いやって、それを表現するために行動にでる。」これは、離婚をしたいという人の気持ちを動かすツボです。相手を想っているならば、行動に変えて誠意を見せるようにするのが離婚回避術です。

 

離婚回避はきっかけと行動が大事。

私の体験談をまとめると、離婚を回避するならば相手の事を思うのが大事です。言葉で伝えて、行動に移すだけでパートナーの気持ちは変わります。そして、行動に移してくれたんだからこちらも行動しようと思います。私は主人の収入が低くても、自分がその分たくさん稼げばいいと考え方を変えました。

離婚を回避する方法離婚を回避する最も良い方法は「自分が変わる」事なんです。どのように変われば良いのかと言うと、離婚調停約6万件中2万件は離婚を回避出来ているので、実際に離婚を回避することに成功した事例を真似ることが近道です。その方法が具体的にまとめられたマニュアルが実はあるのです。相手を思いやって自分を変える方法で離婚を回避したい方は以下のマニュアルを頼ってみて下さい。自分の力を信じて行動に移してみましょう。

【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】


妻に許してもらい離婚を回避する方法

【男性の方はこちら】

突然、妻から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い妻に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら「離婚を回避できた事例」を知ることが大きな力となるでしょう。離婚調停の約6万件のうち約2万件は離婚せずに元に戻っているのですから、あなたにも離婚回避の可能性は十分あるでしょう。

まずは、妻に許してもらい離婚を回避する方法の詳細をご覧ください。
 妻に許してもらい離婚を回避する方法

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法

【女性の方はこちら】

突然、夫から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い夫に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら「離婚を回避できた事例」を知ることが大きな力となるでしょう。離婚を回避できた事例、そして離婚調停を取り下げてもらった事例を簡単に真似をすることが回避する近道になるでしょう。

まずは、夫に許してもらい離婚を回避する方法の詳細をご覧ください。
夫との離婚を回避して元通りに修復する方法

コメント一覧

  • Comments ( 8 )
  • Trackbacks ( 1 )
  1. 言葉だけではなく、行動で示すことはとても大切だと思います。今、思っていることを正直に言うことも大切だと思います。

  2. 僕はお互い相手の事を考えないで変われずに離婚しました。

  3. 自分は「相手の事を思いやって、それを表現するために行動にでる。」の部分が一番良いと思いました。

    当たり前の事ほど、普段から言ったり動いたりしないとパートナーは疑心暗鬼になり、うまくいかないと思う。

  4. 離婚の回避は、きっかけと行動が大事という部分に納得しました。

    確かに口では何とでも言えますが、行動をしてくれると、相手に必ず響くと思います。

    参考にさせていただきます。ありがとうございました。

  5. ケンカして家を出て行くのが続いたところ部分だと見ました、
    旦那さんも気づいたのでしょう、
    「自分が変わらなくては駄目になる」で、行動に出たと思います。

  6. 収入が低い事や休日を一人で過ごされる事への不安は分かりますが、すぐ離婚を考える事よりも、まずどう話し合うかと頭に思い浮かべばなお、よかったのではと思いますが、自分自身で解決策を見つけ出したのは、とても良い事ですね。
    夫婦といっても、元は他人です。自分がして欲しい事などは伝えなければ分かりません。阿吽の呼吸など長年信頼関係を築き上げた夫婦がなせる技と思っています。
    何もかも話し合う事がなければ夫婦はうまくいきません。その事に気付けのなら、今後問題が生じても乗り越えていけると思います。
    相手の事を思い合って表現するというのは、結婚生活を円滑にするには基本中の基本ですので、基本こそ大事と思うので、良いと思います。

  7. 主人の収入が低い分、自分が働こうと思ったことでしょうか。
    元々金使いが荒いとか、働いてない方でもないわけでもなかったようです。

    男が収入、女が家事をお互いにしょいこんでしまっていたのが離婚の危機の原因のようです。

    旦那さんも離婚したくない、結婚を後悔していないという意志があった時点で、解決方法に気がつきさえすれば離婚回避できた状況です。

  8. 「行動に変えて誠意を見せるようにする」

    これが私は一番の離婚回避術だと思います。
    口の上手い人であっても、口下手な人であっても、相手の気持ちの本気度は、行動に変えられるかどうかが判断基準の1つになると思います。

コメント投稿
お気軽に投稿していってください。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)