離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

「プロの心理カウンセラーの離婚を回避する方法」で離婚を考え直す!初心に帰って結婚した時の気持ちを思い出そう!

9148 views
約 5 分
「プロの心理カウンセラーの離婚を回避する方法」で離婚を考え直す!初心に帰って結婚した時の気持ちを思い出そう!
夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる方法
【改訂版】「夫の浮気・解決法」
プロ心理カウンセラーによる離婚を回避する方法
【男性の方はこちら】【女性の方はこちら】

相手から別れを告げられ、妻(夫)の気持ちを尊重して離婚をする…。

このように決意した人でも、初心に帰って、結婚した時の気持ちを思い出して離婚を考え直し、そして、離婚を回避することが出来た人たちもいます。

これは、1つの「勇気ある選択」です。

なぜなら、1度、決意を固められたことは、簡単には変わらないからです。その難しい問題に向き合い、結果、離婚を回避できたということは本当に誠心誠意向き合い、自分と闘ったからでもあるのです。

勇気がなくては出来ないことです。

あなたが本気で離婚を回避するという思いがあるのならば、「プロの心理カウンセラーの離婚を回避する方法」をお試し下さい。

離婚を回避するために何が必要か

別れたい人、別れたくない人、結局、二通りに分かれます。

双方、別れたいなら「離婚」となるんですが、さすがに簡単にはいかないものです。

簡単に離婚を決められないからこそ、離婚を決意した側の決心も強いものです。

ですので、離婚を回避するには、万人に通用する魔法のような方法などは無いという事、そして現実的な考えをする事が大事なので、初心に帰って結婚した時の気持ちを思い出しましょう。

では、離婚を回避するために何が必要かです。大事なのは「回避するための方法」この点にかかってくるわけです。足りないものができたから、破局が待っているわけです。足りないものが何かを理解し、補うことができたら自然と離婚を回避できるでしょう。

ずばり、その一つは「相手を思いやること」です。自分にとってくだらないことでも相手にとって大切なこともあるからです。先に自分が言いたいことがあっても、じっと我慢して、相手の話を大切にして聴くことは、とても大切です。絶対、相手の言葉に口を挟んではいけません。

相手の気持ちを「尊重」することが大事なのです。これは、あなたが今までよりも相手を尊重することが出来るようになるためのチャンスでもあるのです。相手を尊重できる人は自分のことも尊重できますので、人生、幸せになりやすくいのです。

相手の思いをこの際、しっかりと受け止め、理解して、吐き出させてあげましょう。そして、離婚届けに印鑑を押さないようにしましょう。結局、離婚届けに印鑑を押さなかったら離婚は成立しません。でも、役場から離婚届けを貰うのは誰でもできるんです。

だからといって離婚届けに印鑑を押さなかったら相手も困ります。というか、離婚届けを出してきたら相手は離婚の決意が固いんです。その固い決意を覆すのもかなり、苦労するものです。

固い決意」=「閉ざされた心の凍り」です。

心の凍りを溶かすだけの温かさも必要です。

そして、なかなか、離婚届けに印鑑を押さなったら相手も調停に持ち込む場合もあるでしょう。ここで、大抵の人が調停に持ち込むと離婚が成立すると思いがあるようです。でも、調停に離婚を思いとどまるケースは少なくないです。調停に関わる弁護士も2人を離婚させるのが仕事ではありません。とにかく、2人に時間を与えてくれます。その「時間を有効に使って相手を説得」するしかないでしょう。

相手のせいにしないのが離婚を回避する方法

なんでも相手のせいにしてませんか。いいことは自分のおかげ、なのに悪いことは全て相手。これでは相手が嫌になるのも当然です。そして、その反対もあるでしょう。どちらにしても、それでは相手を認めていないことになります。結局、破局はすれ違いが原因です。

自分を認めてほしい。大抵の人がそう思うはずです。でも、相手に責任を押し付けるのは相手を認めていない証拠ではないでしょうか。悪いことを全て相手に押し付けてはいけません。逆に自分に悪いことを押し付けるのも、すれ違いを生む原因です。すれ違いを生み出さないためにもお互い、バランスを取るようにしましょう。

自分と相手は違って当たり前、

違うからこそ2人で愛を育んでいけるのです。

そこが離婚を回避するポイントの1つです。

お互い、責任のなすり合いは不毛です。

嫌だから別れる。好きだから一緒にいる」というシンプルな法則を忘れないでください。

相手が「あなたと一緒にいたい」と思うようになれば良いのですよ。

結婚というのは、自分を大きく成長させてくれるものです。思う存分、成長していきましょう。

相手は異性としてのあなたに何を求めていたのか

異性として見られないから離婚。こういうケースも少なくないのです。さらに浮気もお互いを異性として見れなくなることが原因の場合もあります。ですので、相手に自分が異性であることに気づいてもらうのです。結局、男性と女性、二つの性が存在するのです。

付き合った頃はお互い、異性として意識していたはずです。最初から意識していなかったら、残念ながらその頃から2人の間には友情しかありません。でも、友情で婚姻を結ぶ人はいないはずです。異性として意識すれば離婚が回避できるかもしれません。だったら、相手に自分が異性だと気づかせてみましょう。方法は幾らでもあります。さらに相手が異性だということを気づく方法も案外、沢山あるのです。

あと、相手は、異性としてのあなたに何を求めていたのか。そこを知ることも離婚を回避するための大切なポイントの1つです。

そして、離婚を回避するには実際の成功事例を真似ることが近道だったりします。

その実際の成功事例がマニュアル化されていますので、是非、プロの心理カウンセラーの離婚を回避する方法の詳細を読んで下さい。

【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 妻に許してもらい離婚を回避する方法
【男性版】

突然、妻から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い妻に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら実際に「離婚を回避できた事例」を知ることが近道となります。離婚調停の約6万件のうち約2万件は離婚せずに元に戻っているので、あなたにも離婚回避の可能性は十分あります。

まずは、妻に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーがまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法
【女性版】

突然、夫から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い夫に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら実際に「離婚を回避できた事例」を知ることが近道となります。離婚を回避できた事例、そして離婚調停を取り下げてもらった事例を簡単に真似することで回避出来る可能性は大きく高まります。

まずは、夫に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーがまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)