離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

私の離婚回避方法は、不満をはっきり告げて、相手に合わせる部分も増やすこと

1113 回閲覧されました。

【離婚回避のための陳述書テンプレート】を3つご用意しました!
説得力を最大化するために、影響力のある六つの武器を活用し、
明確なメッセージであなたの立場を強化します。
離婚回避のための陳述書テンプレート



この記事が良かったら共有しよう!

※当サイト内に設置している外部リンクはアフィリエイトリンクです。

手遅れになる前にやること、
それは、女性目線、つまり妻の立場からのアドバイスを知ることです。
女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル ←
私の離婚回避方法は、不満をはっきり告げて、相手に合わせる部分も増やすこと

私は恋愛を経て結婚しましたが、簡単に結婚までの経緯とこれまで私が離婚を回避した方法をいくつかご紹介したいと思います。

結婚する前は、別々の全く違う仕事に就き、同棲もせずお互いの家を通ったりしていました。
男らしく、とても優しく社交的で信頼でき理想の人でした。
しかし、結婚後共に生活していくことでこれまで見えていなかった本当の彼を知る事になりました。

自立した生活が出来ていなかった事にまず驚きました。
寝巻のスウェット姿で1日生活したり、言わなければ自ら歯磨きもする事もなく、鏡の前で身だしなみをするのも外出する前のみぐらいでした。
空のペットボトルや食べた後のカップ麺、食べ終わったスナック菓子やお菓子の袋などの放置、ベット上で横になったままスナック菓子を食べ、クズが布団に落ちていても気にしない行為は綺麗好きな私にとっては許せなかったのです。
一日横になりテレビを見たり、ゲームすることも当たり前でした。

とても清潔感もあり、スーツ姿が似合う、周囲からも信頼が強い彼は、外で見せる顔と家で見せる顔の二面性がありました。
家ではまるで子どもの様で、新婚にも関わらず一日中一人でゲームをしたり、お腹が空けば食事の催促をされたりと家事も全く手伝おうとせず、口出しをしてきたり亭主関白に憧れる人でした。

これまで恋愛中には見えてこなかった彼の生活力や人間性を知る事で様々な不満を抱えながら時には喧嘩も多く、私はしばらくこの新婚生活、今後の夫婦生活を変えたく解決策を考えました。

私は妻であり母親ではないと告げる。

まず第一に思ったのが、綺麗好きである私が何でも身の回りの世話、片付けから家事全般を率先していた事で彼を甘やかしてしまい、してくれるのが当たり前という気持ちを彼に抱かせてしまった事に後悔と反省をしました。
亭主関白に憧れを持っていた彼でしたが、当初家事分担が何も出来ていなかった事が結果、妻である私が全てやらざるを得なかったのです。
私の抱く結婚理想像と彼が抱く結婚理想像の相違はあったものの、途中から段々と彼の理想の妻になりたいという頑張る事をやめ、自分が望む理想の結婚生活、夫婦のあり方を求める様になりました。

彼に『私はあなたのお母さんじゃない。自分の事は自分でして欲しい。このままなら離婚したい。』と告げたのを、はっきりと覚えています。
この言葉には、夫として、そしていずれ父親になる自覚と生活力、責任、危機感を持って欲しく、離婚という言葉を出す事で変えていきたいという思いがありました。

これをきっかけに彼は別人の様に変わり、進んで掃除をし常に綺麗な状態を保ち、自宅内に居ても身だしなみや清潔感に気を付ける様になり、まるで私に嫌われない様にしようと努めている様にも見えました。
ゲームもほとんどやめ、2人の時間を大事にし休みの日は必ず外出、旅行するようになり夫婦生活は円満になりました。

生活リズムを合わせる

これまで夫の仕事は夜の業務で、私は朝からの勤務だった為、顔を合わせられない数れ違いの生活もあった為、コミュニケーションも取れず、喧嘩もよくありました。
その都度互いにストレスや不穏を感じていました。
この生活を継続するなら、また同じような喧嘩が絶えないだろうと考えた私は、生活リズムを夫に合わせることにしました。
一緒に過ごす時間を増やすことで、喧嘩を避けて仲良く過ごしていきたいと思い、私は夜に仕事を変えました。
これに関して夫は喜び、可能な限り自ら車で送り向かいをしてくれるようになりました。

互いの仕事の話も増え、興味や関心から思いやりや気遣い、褒め合ったりなど尊敬する気持ちを自然と持つことができ始めたきっかけになりました。

喧嘩も極端に減り、会話や笑顔が増えストレスが無くなった事によって円満になりました。
夫婦生活を良好に保つためには、状況によって環境を変える事が可能ならこれも一つの解決策だと思います。
人によってはそれぞれ家庭よりも仕事を優先し、離婚に至るケースもあるのも事実です。
価値観に違いもありますが、家庭生活や夫婦生活がより上手くいくなら家庭を優先とした仕事、相手に合わせた仕事を選択する事も重要な離婚回避の解決策であると考えています。

互いの義理の両親と良好な関係を保つこと

私は相手の両親、つまり義理の両親と仲良くなり相談できる関係が大事と考えています。
義理の両親を自分の両親同様に大事にすることによって、信頼関係が構築でき手を差し伸べてくれたり、相談に乗ってくれたり、時には様々な事を手助けしてくれたり、妻の味方としていてくれる事もあるからです。
その様な関係性が築けば、夫は嬉しい反面、『悪いことはできない。』『しっかりしなければ。』という思いになるのではと私は考えています。
私は自分の言う事を夫が聞いてくれない時は義理の母が代弁してくれたり、時には叱ってくれたり等本当に助かっている時も多々あり、また女性問題や不貞行為等もこれまでなく、バレたら怖いなど思っている事だと思います。
義理の両親と良好な関係を保つことは、今後の夫婦生活においてとても重要で、簡単に離婚は出来ない環境でもあると思っています。
なので早くから義理の両親と関係を築くことで、離婚の回避もできると思っています。

以上、これらが私が実際してきた離婚回避対策、方法になります。

更に詳しい情報はこちら(マニュアルをご用意しました)

【広告】女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

手遅れになる前にやること、
それは、女性目線、つまり妻の立場からのアドバイスを知ることです。


~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

マニュアル作成者の保有資格:
・米国NLPマスタープラクティショナー
・ケアストレスカウンセラー
・青少年ケアストレスカウンセラー

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」

この度、カード払いのみ、
分割払い対応をスタートしました。

【広告】絆を断ち切る前に…

不安に感じていますか?あなたとパートナーの間に広がる溝、その恐れと疑問、そして孤独…。​ あなたが心の救いを求めているのを知っています。その答えは『心理資格保持者によるオンラインカウンセリングUnlace』にあります。​ 数多くの夫婦が選ぶUnlace。彼らと同じく、あなたもこの波に乗ってみませんか?​ 私たちの提供するカウンセリングは、離婚を回避し、幸せな絆を再構築するための最適な手段として知られています。​ 心理の専門家たちが、あなたのために24/7対応しています。​ Unlaceは、あなたの疑念や信念を革新的なアプローチで変革し、新たな視点を提供します。​ 私たちが誇るのは、実際の結果。多くの夫婦がUnlaceを利用し、その効果を証明しています。​ この説得的なプロセスにより、あなたは新しい自分、そして新しい関係を築くことができます。​ Unlaceは、心の中の声にすぐに応え、あなたのペースでサポートを続けます。​ 「本当に離婚は最後の選択か?」という疑問に、私たちは二つの答えを提供します。​ 私たちのカウンセリングは、反復的なセッションを通じてあなたの心の深部にアクセスし、その根源から問題を解決します。​ 今すぐ、Unlaceの無料心理診断を体験してみてください。新たな未来への道標として活用できます。​ 私たちは約束します。一緒に、あなたの心の傷を癒していきます。​ そして、未来のあなたが今の選択を後悔しないよう、私たちは全力でサポートします。​

【広告】:
復縁のプロが教える【7step】はこちら(無期限・無制限メールサポート付き)
復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントは記事下部から

この記事を読んだ感想や意見を、コメント欄に書き込んでみませんか?あなたの考えや経験は、他の読者にとっても貴重な情報になるかもしれません。ぜひ、あなたの声を聞かせてください!

この記事を書いた人(寄稿者)

みんなの記事を代理投稿
管理者の保有資格(メンタルケア心理士等複数保有)みんなに書いてもらった記事を代理投稿しています。投稿記事は色々な方が書いた文章になります。とても良い文章が沢山ありますので、あなたのお悩みが解決することのお役に立てるかもしれません。

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)