離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚したくないならやるべきことをやりましょう。

280 回閲覧されました。
この記事が良かったら共有しよう!

離婚危機に陥り、離婚したくない……と強く思っている男性の方に必要なのは、妻(女性)の気持ちを理解することです。

僕は「心の苦しみを減らすこと」に関して、かなり役立つ情報発信をしている者です。今現在の保有資格は「メンタルケア心理士」「アンガーコントロールスペシャリスト」「うつ病アドバイザー」です。今まで自分自身も苦しみ、そして独学で勉強してわかったことが沢山あります。そのうちの1つは、自分の心の苦しみや深い心の傷を癒していくには、「自己理解が必要である」という結論に達しました。つまり、「理解」が「癒し」に繋がるのです。これは他の人に対しても同じで「他者理解」こそが相手の癒しに繋がるのです。

今回、離婚危機に陥り、離婚したくない……と思っているあなたに必要なことの1つは、前記したよう妻(女性)の気持ちを理解することです。しかし、相手の気持ちがわからない……。それは当然です。自分ではないから、わからないのです。他人のことを理解するということは自分を理解するよりもずっと難しいことなのです。特に異性の気持ちは、同性の気持ちを理解するよりも難しいのです。

そこで役立つ可能性があるものが、心理カウンセラーの方が制作した「女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル」です。相手(女性)との離婚危機を回避する為には女性目線でのアドバイスがとても効果的だと僕も思っています。自分の頭であれこれ考えていても、異性の気持ちは分かりません。異性の気持ちは、異性、特に心理に詳しい人(異性)のアドバイスのほうが良いと思います。

離婚危機、それは1つのチャンスでもあるのです。その壁を乗り越えるには「勇気を持って自分を変える覚悟」が必要です。その為のマニュアルが「女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル」です。この方法であなたの離婚危機問題が回避出来るかどうか、それは確実なことはわかりません。何もしないよりは、行動に移したほうが絶対に良いと僕は思います。離婚したくないなら、やるべきことを徹底してやってみましょう。それで無理だったとしても、今回のご縁は、無駄にはならないと思います。何かを学ぶことは、必ず未来のプラスに繋がります。あなたの苦しみから、プラスな何かが生まれる……そんなチャンスと捉えることも出来るのです。試してみたいと思う方は、是非マニュアル販売ページをご覧下さい。

更に詳しい情報はこちら(マニュアルをご用意しました)

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

マニュアル作成者の保有資格:
・米国NLPマスタープラクティショナー
・ケアストレスカウンセラー
・青少年ケアストレスカウンセラー

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」

今まで成功者達が語らなかった!離婚回避マニュアル

離婚後、復縁したいならこちら

”カップルが別れてからの復縁と離婚からの復縁は使う方法が大きく異なります。離婚からの復縁も7stepでは網羅していますから安心です。(リンク先より引用)”

【7step】はこちら(無期限・無制限メールサポート付き)
復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)