離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚の回避の説得の方法とは

夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる方法
【改訂版】「夫の浮気・解決法」

プロによる離婚を回避する方法
【男性の方はこちら】【女性の方はこちら】

・離婚の回避の為に、考えてから話し合いをする

離婚の回避の為に、話し合いは不可欠ですが、考えてから話し合いを行うことが非常に大切です。何も考えずに離婚の話し合いを行ってしまうと、感情的になってしまい、変な方向へ話し合いが進んでしまうことがありますので、一人で良く考えてから、話し合いを行うべきです。離婚の原因となることを一つ一つ考えて、その解決策を一つ一つ出してから話し合いを行いましょう。話し合いの際は冷静に客観的に物事を見ることを心掛けましょう。まずは原因追求と改善策を考て、説得することから離婚の回避は始まります。

・子供の成長を冷静に考えてみる

離婚問題は夫婦の問題ではなく、子供がいらっしゃる方の場合、子供に大きな影響を与えてしまいますので、子供がいらっしゃる方はその事を夫婦二人で冷静に考えましょう。子供の成長、将来を考えたときに、離婚という選択肢は果たして正しいのか、真剣に考えなければならないのです。教育費や生活費などの経済面、片親に育てられる精神的なダメージ、引越しや転校などの環境の変化など、大人にとっては小さな問題に見えるかもしれませんが、子供にとってはとても大きな問題なのです。養育費や慰謝料なども発生するかもしれませんが、それだけでは生活を送れないのが現状です。片親で働きながら暮らせば、子供に寂しい思いをさせてしまいますし、子供のことを考え、離婚しないように、説得することがとても大切なこととなっています。

・説得の際の注意点

説得する際の注意点は偉そうに上から目線にならないことが大切です。偉そうに上から目線ならば、相手も不信感を抱き、離婚の話が進んでしまう恐れがあります。何を言われても、冷静な状態でおり、尚且つ客観的に物事を考えるように努めて説得しなければなりません。自分に悪い点があったならば、その点は素直に認めて、素直に謝ることが大切です。素直に説得することが大切です。嘘や建前の約束事をして離婚回避しても、後々また離婚問題に発生するかもしれませんので、きちんと自分で出来ることを約束しましょう。場合によっては、第三者を入れて説得をすることも必要な時もあるので、相手の感情を見て、柔軟な対応をしましょう。

・手紙で説得するという方法

話し合いがどうしても上手くいかない場合もあるでしょう。そんな時は手紙で説得するという手もあります。手紙ならば、一人で良く考えながら書くことが出来て、さらに、他人に見せて相談することも出来るので、言葉を間違えないという利点があります。手書きで気持ちを込めて、感謝と愛、謝罪、これからの未来、離婚したくないという素直な気持ちを書くことにより、離婚回避に繋がります。手紙は必ず手書きで書き、一文字一文字に気持ちを込めて書きましょう。言葉では伝えられなかった思いを、手紙に込めて、説得すれば離婚回避に繋がっていくことでしょう。特に相手に手紙など送ったことがない方は、普段ないことなので、貰った方も本気度を理解してくれます。

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 妻に許してもらい離婚を回避する方法
【男性版】

突然、妻から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い妻に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら実際に「離婚を回避できた事例」を知ることが近道となります。離婚調停の約6万件のうち約2万件は離婚せずに元に戻っているので、あなたにも離婚回避の可能性は十分あります。

まずは、妻に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーがまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法
【女性版】

突然、夫から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い夫に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら実際に「離婚を回避できた事例」を知ることが近道となります。離婚を回避できた事例、そして離婚調停を取り下げてもらった事例を簡単に真似することで回避出来る可能性は大きく高まります。

まずは、夫に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーがまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

コメント投稿

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)