離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚カウンセラーを活用して離婚を回避する方法

1020 views
約 4 分
離婚カウンセラーを活用して離婚を回避する方法

いまさら聞けない離婚という現実

お互いが好きになって、そして婚姻届を提出。今では結婚式のバリエーションも増え、結婚というのは素晴らしい人生の終着点であると思うものです。
しかし、結婚とは、結婚してからが実は本当のスタートなのです。最終目標とは絶対に思わない。それが重要です。
お互いに生きてきた人生を一緒の価値観として束ねるので、色々なすれ違いがあるのも事実です。そのためのけんかは当然です。しかし、それが未消化のままになり、解決しないでいると、感情は心の奥底に溜まりにたまり、いずれはすれ違う。
そんな経験を持っている私個人の意見と、アドバイスを言うならば、絶対に離婚はしないほうが得策ということです。
今では、あれだけの危機的な状況は改善され、今では同じ価値観のもと、本当に幸せに過ごしています。その解決の糸口を説明します。

離婚のメリット、デメリット

実は、1度、離婚を経験しています。今思えば私の至らない点がたくさんあったわけですが、離婚のメリットはなんといっても、ストレスフリーな生活の実現です。家庭内別居は、本当につらく、私のタバコの本数も激増しました。家はマンションなので、息を吸う事が苦しいです。子どもも1人いました。「パパは?」という娘の声がしても、部屋にいる私を完全に配慮することなしに、「仕事」と言っている元妻の冷淡な言葉が、部屋にいても聞こえるのが、本当に嫌でした。しかし、それが一切無くなり、日々、平和です。
ただし、デメリットがあります。それは朝に起きても、仕事から帰っても、家の中では1人ぼっちです。
娘の声が好きでした。その声は唯一、私にとっては励みというか、生きがいでした。
その声もなく、ただただ寂しい。その一言に尽きます。

離婚経験者の私が語るほんとのとこ

結婚後は忍耐と努力だと思います。しかし、それを越えた先に、本当の幸せが待っています。もちろん、どうしても上手くいかず、子どもや、自分自身に多大なるストレスを与えるのが離婚という現実です。できればしないほうがいいです。
私の場合は、子どもの養育費を今でも払っています。毎月10万円の仕送りを毎月しなくてはならないため、これが自分自身の生活を圧迫しています。すでに再婚していますが、それでも法的に決まったことなので、絶対に免れません。
メリットは多いですが、デメリットも多いので、今となっては離婚をするくらいなら、修復することを考えたほうが得策です。
離婚という決断が、自由を意味することは、あり得ません。
待っているのは、寂しさです。
だからこそ、2度目の離婚の時、変な意地は一切、やめることにしました。
どんな理由が離婚の決め手かは分かりませんが、どんなことであっても、まずは一呼吸置いてみてはいかがでしょうか。
私たちは、お互いが離婚経験者だったため、痛みを知っていました。
だから、夫婦間の間に、プロのカウンセラーをはさむことにしました。実は、それが、良い循環を生みました。

夫婦カウンセリングを活用しよう

極論すればお互いの感情論から始まります。感情的になり、それが、修復不可能な状態まで発展します。
でも大丈夫です。そこで夫婦間カウンセラーの登場です。
プロのカウンセラーが、まずは、間を取り持ち、お互いの意見を組みながら、徐々に修復への道筋を立ててくれます。
もちろん、夫婦が、このままではダメだ。だから、プロに頼もうという気持ちになり、建設的に問題解決に乗らなければいけません。
私の場合は、離婚カウンセラーをたまたま、ネットで検索したのがきっかけです。
始めは、自分から行動に移りました。そのご、妻を説得しました。
もちろん、ペアでカウンセリングをするのもオッケーです。
夫婦間でなぜ、亀裂が入ってしまったのかを第三者が介入することは重要です。
亀裂が入った原因をさぐるだけでなく、最終的には夫婦の絆が一段と強くなることが期待できます。
私たちは、このカウンセラーのおかげで助かりました。
是非、あなたが離婚ということを気持ちの中にまだ留めているのなら、活用してみてはいかがでしょうか。
離婚を回避する方法は、離婚カウンセラーを活用することです。

 

【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)