離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

義理の親との同居が原因の離婚回避について

727 views
約 3 分

・義理の親と同居をやめて離婚回避する

相手からすると。義理の親との同居が原因で離婚にまで話しが進んでしまった場合、同居を止めるのが一番得策です。介護などの問題、長男などの理由はあるかも知れませんが、介護などの場合は、老人ホーム入れるなどの対策が必要なのです。この場合は、同居が嫌という明確な理由がある為に、別々に暮らす事により、離婚回避出来る可能性は高いので、また新たに住居を探したり、経済的な不安や親が心配な面はあるかも知れませんが、同居を止めることが解決する為には、とても必要なこととなっています。自分の親からしたら、同居してほしいと思うかも知れませんが、それが原因で離婚となるよりはマシなので、しっかりと説得し、別々に暮らしましょう。

・二世帯住宅を立てるという方法

結婚相手が同居が嫌で離婚したい場合、二世帯住宅を建てるという手もあります。二世帯住宅を立てるには多額のお金が掛かってしまいますが、自分からしたら、両親と離れて暮らす不安などもあるはずです。金銭的な面に関しては、一生懸命働いて、妻にも二世帯住宅を理由に、パートに出てもらったり、働く時間を増やしてもらうなどして対策すれば何とかなるでしょう。賃貸の場合、同じアパートに別々の部屋を借りるなどの対策を行えば良いでしょう。もし、自分が義理の親と暮らすことを考えたら嫌なように、相手も義理の親と暮らすのには、相当なストレスが溜まっていたと思われるので、何とか別居してあげて、離婚回避しましょう。

・どうしても同居をやめれない方の離婚回避

介護の問題や金銭的な問題で、どうしても同居を止めることが出来ない方は、必ず自分の親より結婚相手の味方をすることを誓いましょう。同居でストレスが溜まる原因としては、義理の親の嫌がらせや気を使って窮屈に感じることなどがおりますので、絶対に結婚相手の味方をしてあげなければなりません。また、一人の時間を与えてあげることも大切です。休みの日は子供の面倒を見るから、遊びに行って良いという配慮も必要なことです。同居は想像以上にストレスを感じてしまうものです。その中で、一人にさせて、ストレスを溜めないようにしてあげることが大切で、同居してもらって申し訳ない気持ちを伝えてみましょう。

・同居のメリットを伝えてみる

同居にもメリットがあります。例えば、金銭面は食費や光熱費を入れる程度であり、他の独立した方は、自分で家を購入したりしなければならず、同居の方が経済的なメリットはあります。また、両親が定年して家にいるならば、子供の面倒を見てもらえたりして、夫婦して正社員として働くことも可能なのです。もしも、同居しない家庭ならば、正社員として夫婦二人で働くことは難しいでしょう。そういったメリットを伝えてみることも一つです。しかし、このメリット以上に結婚相手が同居が嫌という場合は、やはり、別居することを考えることが得策です。

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)