離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚したくないならば愛していることを伝えましょう

907 views
約 3 分

・離婚したくないならば相手を愛していると伝えましょう

離婚の原因は人それぞれ様々ありますが、愛していることを伝えましょう。長年一緒にいると、日頃の感謝や愛していることを伝えなくなってしまう傾向があります。そこで、話し合いの際に、愛していることを伝えなければなりません。愛とは気持ちではなく行動で初めて心を打ちます。誕生日には遠くの街に売っている有名な美味しいケーキを買ってきたり、年の数だけ赤いバラを送ったり、行動で愛を示すのです。行動して初めて人の心を打ちます。そして、言葉で伝えなければ、相手に気持ちは伝わりません。伝えなくても分かると思うのは、自分が勝手にそう思っているだけなので、しっかりと伝えることが大切なこととなっています。

・子供に愛していることを伝える

子供がいらっしゃる方は、子供にも愛していることを伝えなくてはなりません。例えば、仕事が忙しく、毎日子供が寝てから帰る人や休日出勤が多く、全然子供と遊べていない方は、妻や子供は本当に愛されているのか不安になっている方が多くいらっしゃいます。そんな中の離婚回避は、愛していることを伝えて、場合によっては、仕事を変えて、家族との時間を作るなどの行動も大切です。行動で初めて人の心を打つので、転職したり、残業を減らすなどの行動が、妻や子供に伝わり、そこで愛を伝えられます。愛していると伝えることは大切なことですが、実際に行動に移さなければ口だけの人と思われて、離婚に拍車が掛かる恐れがあります。

・愛していると伝えるために

仕事が忙しく、なかなか家族との時間が取れず、転職も上手くいかないという方は、記念日だけでも、一緒に過ごすことが大切です。家族の誕生日、クリスマスなどのイベントだけでも、一緒にいることによりしっかり家族のことを考えてくれているのだなと感じてくれるはずです。もちろんプレゼントも用意し、イベントだけでも一緒にいれば、愛しているということが伝えられるでしょう。どうしてもイベントの日が忙しい場合は、日にちがズレても良いので、必ずお祝いはしましょう。忙しい中イベントは一生懸命行うことにより、愛しているということが伝わるでしょう。

・夫婦どちらにも休みの日を作る

夫婦どちらにも何もしない休みの日を作ってあげることも大切です。休みの日を月一で設定し、その日は片方が家事や育児を全て行うようにします。休みを入れることにより、心がリフレッシュされ、離婚など考えなくなります。その日は一人で出掛けたり、友達と遊びに行ったりなど、全て何をしても良い自由な日を作りましょう。仕事や家事や育児の疲れをたまに癒すことにより、リフレッシュされます。このたまの息抜きを入れるだけで、大きく変わっていきます。離婚は単調な毎日の繰り返しが溜まっていくことも原因の一つとして考えられますので、休みの日を作って、対応してみましょう。休みの日を作るという行動が一つの愛の表現となっています。

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)