離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚の回避は相談することがとても大切です

534 views
約 3 分

・離婚は相談することが大切です

一度離婚の話まで進んでしまいますと、感情的になってしまいわ冷静な考えや判断が出来ない場合が多くなっています。その為に、相談することが大切なこととなっています。相談するだけで、心が軽くなったり、客観的に物事を見てくれているので、適切なアドバイスをもらう事が出来ます。その対策を元に改善策を打ち出して、離婚の回避に繋げていきましょう。自分だけで解決しようとしても、なかなか難しいこともありますので、周りの人に相談し、アドバイスをもらう事により、適切な対応をする事が出来るでしょう。

・離婚を相談するのが恥ずかしい場合

離婚を相談するのが恥ずかしい方も多いでしょう。そんな時はインターネットを利用して、相談することをお勧めします。離婚の悩みを持っている方は、全国にたくさんいらっしゃり、同じような
悩みを持つ方が、掲示板などで相談し合っていると言う事が多いです。離婚回避した事例なども多くあり、体験者がこうしたら上手く行ったなどの事例なども掲載されていることもありますし、そういった方に相談することにより、離婚回避することが出来るでしょう。同じような悩みを持っているので、インターネット掲示板ながら、繋がりを感じます。なるべく自分と似た境遇の方を探し、何とか離婚回避できた方を探せば、その事例を元に対応することが出来るでしょう。相談するのが恥ずかしいならば、インターネットを大いに活用しましょう。

・相談する方は選びましょう

相談といっても誰にでも相談してはいけません。例えば、口の軽い会社の同僚に相談してしまえば、離婚するかもしれないなどの噂が流れてしまい、とても生きにくくなってしまう恐れがあります。相談するなら、心の底から信用できる、出来た人が良く、会社の上司や先輩など、人生の先輩などに相談することをお勧めします。自分より長く生きているだけで、様々なことを経験し、乗り越えてきた方なので、なるべく信用できる、大人の人に相談することが大切なこととなっています。アドバイスを貰ったら、あとは実践していくのみなので、原因と対策を踏まえて、相手と冷静な話し合いを行いましょう。

・夫婦の話し合い、相談役として第三者を混ぜて話し合う

夫婦の話し合いに、相談役として、第三者を混ぜて話し合いを行うこともお勧めです。夫婦二人だけて話し合いを行うと、感情的になってしまい、上手く話が進まなかったり、感情的になり、離婚という間違った選択を選んでしまう可能性もあります。その為に、相談役として第三者が入る事により、冷静な話し合いとその場で適切なアドバイスを頂けるというメリットがあります。第三者という他の人がいることにより、感情的になることを抑えることが出来ますので、どうしても感情的になってしまう夫婦は、相談役として、第三者を入れて話し合いを行うと良いでしょう。相談役は、人生の先輩など、夫婦より年上で、信用できる方を選ぶことが大切なこととなっています。

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)