離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚を回避するには理由の把握と改善をすることが大切です。

離婚を回避するには理由の把握と改善をすることが大切です。
プロによる離婚を回避する方法
【男性の方はこちら】【女性の方はこちら】

原因を知りましょう

相手から一方的に離婚話を告げられた時にはどうしたら良いのでしょうか。相手が離婚話を持ち出してきたと言うのはその日突然に思いついたかの様に言ってくる訳はありませんので必ず今までの何かが積もり積もって離婚をしたいと言う意思に辿り着いたはずです。ですので理由について相手と話すことが出来る状態なのであれば話をして自分のどこがいけなかったのかを聞きその部分を即座に改善する必要があります。しかし相手はすでに離婚の意思が硬く、理由についてなど今更話しても仕方がないと思って口を開いてくれない場合には貴方が今まで相手にして来たことを振り返ってみる必要があります。きっとそこにヒントがあるはずです。

旦那様の話も聞いていたか

離婚を宣告されるに至っての家の雰囲気を思い出す中で奥様は旦那様の話もキチンと聞いていたでしょうか。よくあるケースだと旦那様が疲れて家に帰って来た後に奥様の愚痴を永遠に聞かされて初めのうちは仕方がないと思っていてもそれが毎日続くとストレスに感じる様になりだんだんと家に帰るのが嫌になって来て何処かで時間を潰してから帰宅をする様になって来たり酷くなるとこんな生活なら1人で暮らした方がましだと思って離婚に発展してしまう場合もあります。更にその中でも少しでも旦那様の愚痴も聞いていたのなら良いですが一方的に愚痴を言っていただけなのであればそれは苦痛の何ものでもありません。

家事は行っていたか

昨今では共働きの家庭も少なくないので昭和の頃の様に完璧な家事をこなすと言うのは難しいですが、それでも最低限のこともやっていない状態だとした場合にはそのことが原因で離婚を考える旦那様もいます。例えば掃除については掃除機をかける時間がないとしても食卓の上やリビングのソファーの上には奥様の洋服、雑誌、化粧品などが置きっぱなしで、一度旦那様が片付けたにもかかわらずまた散らかしっぱなし、あと食事面ですと実際にあった話ではほぼ毎日の夜ご飯がカップラーメンかお菓子。そして洗濯物はほぼ行わず旦那様が汗を掻いて帰って来てもワイシャツを洗わずに脱臭スプレーをしてたらと干しておくだけとても言うケースもあるようです。この様に最低限の家事さえも行っていなかったとなると離婚へのカウントダウン間違えなしですので早急に改める必要があります。
改善をするには心を入れ替えることです。
上に私お話をさせていただいたことは旦那様が奥様に対する不満の一部になりますが、この様に原因が表面に浮き出ており分かりやすい場合には今日からでも心を入れ替えて改善することができます。特に旦那様が家事や掃除に協力をしてくれり家の場合には折角旦那様がやってくれた行為を無駄にしない様にしましょう。

尚、旦那様が帰宅後には先ず旦那様のお話を聞き入れてあげる様にすると旦那様からすると着心地が良い雰囲気の家となり自然に奥様との夫婦関係も良い方向に戻るはずです。この様に離婚の危機となった場合には即座に原因を突き止めて心を入れ替えて改善することで回避することができるでしょう。ポイント場合早く対応することが大切です。

 

【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 妻に許してもらい離婚を回避する方法
【男性版】

突然、妻から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い妻に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら実際に「離婚を回避できた事例」を知ることが近道となります。離婚調停の約6万件のうち約2万件は離婚せずに元に戻っているので、あなたにも離婚回避の可能性は十分あります。

まずは、妻に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーがまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法
【女性版】

突然、夫から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い夫に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら実際に「離婚を回避できた事例」を知ることが近道となります。離婚を回避できた事例、そして離婚調停を取り下げてもらった事例を簡単に真似することで回避出来る可能性は大きく高まります。

まずは、夫に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーがまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

コメント投稿
お気軽に投稿していってください。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)