離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

42歳の私が離婚を回避することが出来た方法

3831 views
約 4 分
42歳の私が離婚を回避することが出来た方法

自己紹介

本日は私が離婚を回避した方法についてのお話をさせていただきます。私は現在42歳の男性です。結婚をしてから約7年目になりますが今から2年ほど前に妻と本当に離婚をしようと思ったことがありました。しかし今では妻のことは愛しており、離婚しようということは一切思っていないです。しかし当時は壮絶な生活でしたので、もし私と同じ様な立場の方がいらっしゃれば少しでもお役に立てたら嬉しいなと思います。

家庭環境

家庭環境については妻と息子が1人います。
また私は材料メーカーに勤めるサラリーマンで職種は営業です。勤務先はさほど大きな会社ではありませんので月給も25万円位でしたが有給が取りやすいので家族で用事がある時には前日でも有給を取れるある意味ゆるい感じの良い会社でした。

離婚を考えるほど嫌だった点

私の妻は軽いパートをやっていましたが家事や子供の世話はしっかりとやっていましたが夜になり、子供が寝静まると遊びに行ってしまう癖がありました。始めのうちは主婦と言うのは旦那には分からない位の家事や子育ての苦労があり、更にそれはパートを行いながらしているので心身の疲労もさることながら精神的なストレスも半端なくあって世間で騒いでいる育児ストレスにならないためにも気分転換が必要だと言って夜20時位になると家を出て行ってしまいました。
そのために私も今日は何時頃帰宅できるのかと頻繁に聞かれていました。尚、幸いなことに子供に関しては起床するのが朝7時ですので夜中に起きて母親がいないと心配することはありませんでした。

なぜ離婚の危機に陥ったか

もちろんこの様な状態は最初のうちは月に1〜2回だったのですが、だんだんと回数が増えて来て2週間に1度になり最終的には1週間に1〜2回のペースになってしまいました。何とか妻の行動を止めさせたり少なくさせたりしたかったのですが確かに子供が寝ている時間帯でしたので子供が心配すると言うことを理由に妻に話すことはできませんでした。また近所に対するケアについても家計が大変なので週に1〜2回夜勤のですがパートに出ていると言って普段着で外出をしていましたのである意味完璧な手立てを尽くしてしたのです。

そんな中で私は寝ている子供の顔を見ながらいつになったら妻は夜遊びに行くことを止めるのだろうか、それまで待とうかとも思いましたが、でもこのままでは自分も参ってしまうので子供は自分の実家に見てもらうことで自分が引き取り妻に離婚をすると話そうと思いました。

離婚を回避した方法

その数日後に私は妻に離婚をしたいと話しました。かなり驚いていた様子でしたが、でもその時はまだストレス発散をするのに遊びに行って何が悪いと言う態度でした。そしてもう少し掘り下げて話を聞いてみると離婚はしたくはないと言っておりでもストレス発散はしたい。結局の所は日々の生活に刺激がなく気分転換が出来ていないので、別に夜に遊びに行かなくても別の方法があればそれでも良いとのことでした。

それを聞いて私は妻は家庭を捨てたい訳ではないと安心をしました。そして一緒にこの問題を解決するする方法を考えました。その中で妻は体を動かすこととお酒を飲むことが大好きでしたのでパート以外の日にも保育園の日数を増やしてスポーツジムに行って運動をしてくる様に勧め、妻も喜んで賛同してくれました。またお酒については確かに家で飲んでいても気分が変わらないので月に一度は実家に子供を見てもらい妻と2人で外食をしたりたまにはホテルのバーなどにも行く様にしました。

この様にして私は妻との離婚を回避することができましたが、確かに今回の発端となった「主婦ならではのストレス」については今後も考えてあげないとな、と思いました。

 

【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

マニュアル作成者の保有資格:
・米国NLPマスタープラクティショナー
・ケアストレスカウンセラー
・青少年ケアストレスカウンセラー

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」

離婚後、復縁したいならこちら

”カップルが別れてからの復縁と離婚からの復縁は使う方法が大きく異なります。離婚からの復縁も7stepでは網羅していますから安心です。(リンク先より引用)”

【7step】はこちら(無期限・無制限メールサポート付き)
復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!

この記事を書いた人(寄稿者)

みんなの記事を代理投稿
みんなに書いてもらった記事を代理投稿しています。投稿記事は色々な方が書いた文章になります。とても良い文章が沢山ありますので、あなたのお悩みが解決することのお役に立てるかもしれません。

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)