離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚を上手く回避する為には?

1657 views
約 3 分
離婚を上手く回避する為には?

離婚を何とか回避させる為には、色んなタイプの対処方法などがございます。

ここでは、その秘策やポイントなどについて、詳しく紹介するので、参考にでも活かして見て下さい。

・相手の配偶者を絶対に必要としている、意思表示などをはっきりと告げる

同居とは逆の状態の事を、別居と言い表したりしますが、一緒の住居などで、仲良く生活を送って行きたいと考えたり、想像したりするのは、相手のパートナーの事を、大切な人間と思っている為です。

離婚を確実に避けるのには、以下の流れに持って行く事が、重要なポイントになって来ます。

.1⇒『別居には絶対になりたくない』

.2⇒『これからもずっと同じ住宅で、生活を共にしたい』

.3⇒『どうしてかと言うと、アナタ(お前)の事が、とても大事な存在だから』

などの順序により、きちんと告げて行く事が、離婚回避の近道となって来ます。

これらの言葉などは、簡単に発する事が難しい、言動なのかも知れません。

但し離婚をどうしても避けたいのであれば、思い切って声に出して、発言するように致しましょう。

・自身が過去の自分から脱して、完全に生まれ変わる事を、明確に伝えて行く

別居してしまった経緯はともかく、相手の配偶者では、自らに関して、『早く離婚したい‥』などと、大きなストレスなどを感じております。

このストレスの原因を、きちんと解決しない事には、離婚を確実に回避させて行く事とは、まず困難だとも言えます。

有効的な対策方法となるのは、初めに相手のパートナーの不満が行かない点や、納得が出来ない点などを、ちゃんと聞いたりして、真剣に受け止めるようにします。

『もっと努力して、新しい自分に進化するよ』

『キレイサッパリと改心して、何としてでも、見違えるように変化して行くから』

などと言った具合に、前向きで真摯な態度により、相手の配偶者へと、はっきりと告げて行く事で、別居や離婚のアクシデントなどを、上手に避けて行く事が出来たりします。

・相手のパートナーの自己主張が、極端に増加してしまう

もし相手の配偶者側が、自己主張する回数が、いきなり増えて来たのならば、別居や離婚を密かに進めている、危険信号かも知れません。

何かの物事や、出来事などに対して、自身の意見や考えなどを、強情に貫き通したり、相手の話しや要件などへと、一切耳を傾けずに、直ぐに無視するようになったのなら、特に注意しなければ行けません。

・別居のシグナルなどを、上手くキャッチして、確実に離婚を回避させて行く

上記で書き綴った、別居や離婚の危険信号などを、何とか把握したのならば、対応策などを早急にやって行かなくてはなりません。

この時に肝心なコツとなるのは、相手のパートナーが発する、意見や文句などを、しっかりと聞いて行くようにする事です。

相手の配偶者は、表向きには直接言い表したりしなくても、内面には常に何らかの疑問や、すんなりと納得出来ない部分などを、絶対に抱いていたりします。

なのでどんな批判や質問内容においても、決して逆らう事なく、相手のパートナーの言動へと、真面目に耳を澄まして行く事が、別居や離婚の深刻な事態などから、上手く抜け出して行く、賢い秘策だと言えます。

【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)