離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

夫婦仲が冷めてる三つの原因と改善策

1110 views
約 3 分
夫婦仲が冷めてる三つの原因と改善策

長年一緒にいると夫婦仲が冷めてる方が多くいらっしゃいます。その原因を把握して、改善策を立てるのが、夫婦仲を元に戻す一つです。原因は主に三種類あり、それを改善していけば、夫婦仲も良くなるでしょう。

一つ目は、記念日をしっかり祝うことです。夫婦仲が冷めてる原因に記念日をしっかり祝わないことがあります。子供がいれば、子供の誕生日やクリスマスなどイベントのお祝い事を行う機会が多く、結婚記念日や誕生日など自分たちことは祝わなくなってしまう方もいらっしゃいます。そこで、しっかり結婚記念日や誕生日、バレンタインやホワイトデーなど、イベントをしっかり行うことにより、大切にされているということを相手は自然に感じることが出来ますので、夫婦仲が冷めてる方は、まずは記念日を祝うことから始めましょう。

二つ目は、お互いの話を真剣に聞かないことにあります。特に女性は話を聞いてもらいたい方が多いので、苦痛でも男性は話を聞いてあげる努力をしなければなりません。話をよく聞かないと、この人に話をしても無駄だと判断され、会話がなくなっていきます。この努力をするだけで、夫婦の会話が戻り、冷めてる状態から解放されます。夫婦には二人だけの歴史があるので、想い出話をしたりすることもとても大切なこととなっています。

三つ目は、仕事です。今の世の中女性の社会進出が増えたり、様々なライフスタイルが生まれたりして、夫婦としての時間が取れない方が多くいらっしゃいます。そこで、月に一度でも良いから夫婦で出かける時間を作ったり、一年に一度は旅行へ行ったりする努力をしましょう。夫婦で一緒に経験したことは、二人の思い出となり、絆を深める効果があります。二人で出かけても、会話がないという方は、昔デートに行った場所などへいけば、自然と昔を思い出し、会話も自然弾んでくることでしょう。
この様に、夫婦仲の冷めてる方には改善策が必要です。夫婦仲が悪かったり、冷めてたり、喧嘩ばかりですと、子供の成長にも悪影響を与えると言われていますので、冷めてる状態はとても危険な状態だと言えます。冷めてる夫婦の一番の特徴は、生活のマンネリ化です。当たり前の生活の中に、記念日にプレゼントしたり、旅行へ行ったりすることにより、当たり前の生活の中に少しでも非現実的な特別なイベントを盛り込むだけでも、夫婦仲は改善していくことができるのです。もしも、夫婦の会話がないのならば、会話をするネタを作れば良いのです。どこかへいけば、それだけで思い出として残り、あの時は楽しかったね、また行こうねなどの会話も生まれます。長年一緒にいるからこそ、思い出も増えて、話すこともたくさんでてきます。考え方の問題でもありますが、夫婦仲は冷めてると自分たちで思い込み、自然と自分から距離を取っているのかもしれません。子供への影響や楽しい生活、将来を考えた時に、夫婦仲が冷めてると良いことなど、何一つありませんので、夫婦仲を改善すら為に、努力をしていくことが、非常に大切なこととなっています。

たったの90日で新婚当時のラブラブ夫婦に!
夫婦仲を改善するラブラブレッスン

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)