離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

旦那さまから距離を置きたいと言われた場合

5580 views
約 4 分
旦那さまから距離を置きたいと言われた場合

「距離を置きたい理由」を尋ねてみましょう

ある日突然旦那さまから「距離を置きたい」と告げられた時にはどうしたら良いのでしょうか?それまで普通の暮らしができていたのであれば「急にどうしてなのか?」とか「絶対にそんなの嫌だ」と相手にしがみついてしまうと思いますが、旦那さまも突然の思いつきでその様な言葉を言った訳ではないはずですのでどうして距離を置きたいのか?の理由を確認してみましょう。

もしかすると100%奥さまのことだけではなく、仕事のことや実家の悩みで頭がいっぱいになってしまってしばらく一人でゆっくりした環境で考えたいと言う意味かも知れません。また奥様やご家庭のことが原因となっている場合には具体的に直して欲しい部分を聞くことが大切ですが、だからと言って「すぐに直すから距離を置くなんて言わないで」と自分の意見を押し通してしまうと逆効果になりますので、実際に距離を置くのかはよく旦那さまと相談をする様にいたしましょう。

旦那さまの意志を尊重して別居をする方法

旦那さまの不満を聞いた後で、やはり少し距離を置きたいと言われた場合には受けた側は辛いかも知れませんが、別居をする方向で覚悟を決めましょう。

考え方とすると本当に奥さまのことが嫌であれば直ぐに離婚をしたいと言ってくるはずですが、そうではなくてまだ別居と言われている分やり直せるチャンスはいかようにでもあると言う風に受け止めましょう。そして旦那さまからしても今までは悩みがあるにも関わらずに夫婦でいたので息が詰まる思いだったのかも知れませんが、実際に1人になった所でその問題が解決したり、やはり奥さまの大切さが分かったと言う気持ちになるケースも多々あります。

この様に恋愛中の倦怠期ではありませんが夫婦の間でもその様な期間がある場合があります。ですので別居をする時にも「いつまでなの?」とか相手に重く圧し掛かる様な質問は避ける様にして旦那さまを信じて待つ様に致しましょう。その間に出来ることをやれば良いのです。この記事でご紹介している「離婚を回避する方法」はプロの心理カウンセラーによるものです。この方法をその間に試してみるというのも1つの方法です。

転職を進めてみましょう

旦那さまが距離を置きたいと言ってきた場合、そして理由を尋ねても奥さまのことではないと言う場合には仕事が原因となる場合がほとんどです。でもそれを知らずに距離を置きたいことを攻め立ててしまうと頭がいっぱいになり「もう一人にして欲しい」と言われ兼ねません。

ですのでこの記事を読んでいただいたことにより男にとって家庭と同じくらい仕事が大切なことを理解しましょう。それはどうしてかと言うと稼ぐためです。そして家族を稼ぐために仕事をしているけどどうしても上手く行かずにストレスを感じると一人でしばらく考えたい気分になります。ですのでもし奥さまが働くことに関して抵抗がないのであれば「自分も働くから転職を考えてもいいよ」と旦那さまに言って上げられればそれほど奥さまに感謝をすることはないでしょう。なのでこの様な対応をすれば距離を置かないでも済むかも知れません。

大切なのは、夫婦、支え合って生きていくことです。相手がまいっている時には、自分が支えになる。自分がまいっている時には支えてもらう。そうやって支え合いながら絆を作っていくのです。

別居中でも偶には(たまには)デートをするのも効果的

色々な手を尽くしたけれどもやはり旦那さまが別居をしたいと言っている時には素直に従いましょう。しばらくは連絡を取ることがないかも知れませんが、でも1か月位したら「ごはんだけでも食べないか?」などと1時間でも2時間だけでも良いので共有できる時間を作ることが復縁するにあたってとても効果的です。

そして、その時には決して「今どう思っているのか」とか「いつまで別居をすれば良いのか」と言うセリフは言わないようにして、何気ない話や結婚する前のデートをした時の楽しい話をしてなるべく昔の楽しかった時の記憶を呼び起こさせることがポイントになります。そうするとデートが終わった後に、旦那さまもまたあの時に戻りたいと言う気持ちになり相手から「やり直そう」と言ってくる可能性があります。これは男性の方が女性に対して未練がましいと言う心理を利用した物ですが、なるべく元気に、オシャレをして定期的な旦那さまとのデートをすると良いでしょう。

 

【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)