離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚を回避するには、相手の意見も認めましょう

780 views
約 3 分
離婚を回避するには、相手の意見も認めましょう

価値観の違いでの離婚を回避する方法

価値観の違いで離婚まで話が進んでしまっている場合は、話し合いをすることが大切です。自分の意見だけを押し付けず、相手が価値観の違う家庭で育って来ていますので、そのことを踏まえ、冷静な話し合いが必要です。お勧めなのは、二人で家庭内のルール作りを行うことです。これはきちんと二人で納得した上で、作り上げなければなりません。それは絶対ルールとして、家庭内の法律を作り上げるのです。それのルールを破れば罰則を設けて、ルールに忠実に暮らしましょう。このルールは、月に一度見直しをする時間を設けて、より精度の高いものを作り上げなければなりません。ある程度は相手の価値観も認めることが出来なければならないので、まずは相手の価値観を認めましょう。

離婚を回避する為に、一度離れて暮らしてみましょう

離婚まで話が進んでしまっている場合、なかなか冷静な話し合いを出来ない状態になっている可能性が高いです。そこで、冷静な話し合いを行う為に、一度離れて暮らし、冷静な自分を取り戻すことも必要です。離れて暮らすことにより、相手の存在の大切さに気付くことも多いでしょう。今では当たり前に相手がやってくれていたことに、感謝する場面がお互い必ず出て来て、離婚を回避したくなるでしょう。冷静な自分を取り戻したら、熱くならずに話し合いを行いましょう。感情が出てくると、話し合いは上手くいきませんので、まずは冷静になる期間を設けることも、離婚を回避するには、とても大切なこととなっています。

子供の為に離婚を回避しましょう

離婚は、子供の成長に大きな影響を与えてしまいます。父と母二人揃って初めて、子供の精神状態は保たれます。もちろんシングルファザー、シングルマザーでも、立派に子供を育てていらっしゃる方もいますが、両親二人で育てることが、子供の精神的安定、成長には大切なことです。そんな子供のことを考えて、離婚を回避することも大切です。二人で子供のことについて話し合いをして、子供の成長を協力して行うことにより、自然と仲も良くなって行くでしょう。子供は自分たちが作ったのですから、両親共にしっかり育てる義務があります。

どうしても冷静な話し合いが出来ない場合は、第三者を話し合いに加えましょう

感情が熱くなり、どうしても冷静な話し合いが出来ない場合は、信頼できて、夫婦どちら側にもつかない、第三者を話し合いに加えることにより、話し合いが上手くいきます。この第三者は、離婚を煽るような方ではなく、客観視出来て、離婚回避を願うような方にお願いすることが大切です。二人だけでは熱くなり、話し合いが出来なかった場合でも、第三者がいることにより、感情を出しにくくなりますので、冷静な話し合いを行えることが多くなっています。冷静に話し合うと、意外に大した問題ではないことも多いので、第三者を入れて話し合いをしてみましょう。

 

【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 妻に許してもらい離婚を回避する方法
【男性版】男性の方はこちらをお選びください。

離婚修復に関するマニュアルの販売実績としては、今もなお圧倒的な1位!

まずは、妻に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーが5時間かけて話す内容をまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

・【特典】音声による解説付き
・メールサポート1年間回数無制限
・手紙の書き方サンプルもマニュアルに記載

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法
【女性版】女性の方はこちらをお選びください。

離婚修復に関するマニュアルの販売実績としては、今もなお圧倒的な1位!

まずは、夫に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーが5時間かけて話す内容をまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

・【特典】音声による解説付き
・メールサポート1年間回数無制限
・手紙の書き方サンプルもマニュアルに記載
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)