離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚を回避するには冷静な話し合いを行える状態を作りましょう

離婚を回避するには冷静な話し合いを行える状態を作りましょう
プロによる離婚を回避する方法
【男性の方はこちら】【女性の方はこちら】

離婚を回避するには、冷静な話し合いを行える状態を作る必要があります

離婚を回避するには、冷静な話し合いを行える状態を作る必要があります。その理由は、離婚するかしないかまで話が進んでしまうと、感情が先立ち、冷静な話し合いを行えずに、その時の感情で、間違った選択を行ってしまう可能性があるからです。その為に、冷静な話し合いが出来るかが、離婚を回避するにはとても重要となっています。どうしても冷静な話し合いが出来ない場合は、二人だけで話し合いをしないことが大切です。感情的にならないように、ファミレスなどの他にも人がたくさんいる場所で話し合いをしたり、話し合いに信頼できて、冷静な判断が出来る誰かもう一人を加えて話し合いをしたりと、自分で冷静な話し合いを行える状況を作り上げなければなりません。

離婚を回避する為に、想い出を振り返ろう

離婚を回避するには、想い出を振り返えることも大切です。夫婦として歩んできた歴史、出会った頃のこと、子供が生まれた時のこと、結婚式など、夫婦には二人だけの想い出があります。人には情がありますので、想い出を振り返えることにより、離婚を回避することが出来ます。そんな二人だけの想い出の場所にもう一度行ってみて、振り返ってみるのも良いでしょう。せっかく縁があって出会って、離婚というのも寂しいので、何とか離婚を回避すべく想い出巡りをして、出会った頃、結婚した頃の、ピュアな気持ちを思い出して、離婚を回避しましょう。

価値観の違う場合の離婚の回避

夫婦の価値観が原因で離婚まで話し合いが進んでしまったのならば、お互いの価値観を認め合いましょう。違う家庭で育ってきたのですから、価値観の違いは必ず出てきます。価値観が違うことで離婚していては、誰と結婚しても上手くいきません。そこでお勧めなのは、家庭でのルール作りです。お互い納得した上でのルールを作ることにより、価値観の違いも許せます。ルールを作る際は、無理矢理押し付けるのではなく、しっかりと二人が納得した上で作らなければ、また同じように関係が悪化してしまう恐れがありますので、ルール作りは慎重に行いましょう。お互い譲れないルールは、お互い同じ数にして、なるべく平等にルール作りを行いましょう。

子供がいる場合の離婚回避の方法

離婚は、夫婦だけの問題ではなく、親や親戚、そして子供にも影響を与えます。特に子供は、片親で育てる場合、親に負担も大きくなりますし、子供の精神的ダメージも大きくなってしまいます。そこで、子供のために離婚しないという考え方を持つことも大切です。子供は父親と母親、二人の愛情を与えて育てなければならないと、固く心に誓い、子供のためだけに生きるという生き方もあるでしょう。子供の未来の為に、離婚せず、子供を立派に成長させることも、子供を作った親にとっては一つの義務となっていますので、子供のことを考えて、離婚を回避しましょう。

 

【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 妻に許してもらい離婚を回避する方法
【男性版】

突然、妻から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い妻に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら実際に「離婚を回避できた事例」を知ることが近道となります。離婚調停の約6万件のうち約2万件は離婚せずに元に戻っているので、あなたにも離婚回避の可能性は十分あります。

まずは、妻に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーがまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法
【女性版】

突然、夫から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い夫に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら実際に「離婚を回避できた事例」を知ることが近道となります。離婚を回避できた事例、そして離婚調停を取り下げてもらった事例を簡単に真似することで回避出来る可能性は大きく高まります。

まずは、夫に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーがまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

コメント投稿
お気軽に投稿していってください。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)