離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚したくないために必要な復縁トリガー

693 views
約 3 分

皆さまもお気付きの様に最近テレビを見ていると結婚のおめでたいニュースと離婚のニュースはどちらが多いのだろうかと思う位に離婚してしまう芸能人が多くいます。また結婚して一年以内に離婚してしまう夫婦もいますので、ひと昔前に比べると離婚と言う行為自体が一般化し過ぎてしまっている様に感じます。また本当は離婚したくないために必要な復縁トリガーあるのにそれを実行しなかったがために離婚に至ってしまったと言う夫婦もいるので、とっても勿体ないなと思います。
ですので世の中から少しでも離婚夫婦を少なくするためにも離婚したくないために必要な復縁トリガーについていくつかご紹介させていただきます。その中でも昨今の離婚率の多さの中には男性側の浮気が原因となる事が多いといえます。やはり男性たる者しょせんは雄なのかと言ってしまえばそれで終わってしまいますが、でもここでもし離婚を望まないのであれば、離婚したくないために必要な復縁トリガーは男性側が持っていると言えるでしょう。ここで男性はつい『一回位であれば許してくれるだろう』と何も対策を打たなければ良い結果は得られずに何も始まりません。本当に離婚をしたくないのであれば、土下座をしたり携帯電話を変えたり自己のお小遣いを減らすなどの誠意を込めた謝罪をすることこそが離婚したくないために必要な復縁トリガーとなりますので甘えやプライドは捨てて素直に謙虚な姿勢で謝る様にしましょう。
また女性が離婚を考えてしまう理由の中にはDVも含まれます。DVについては旦那様が浮気をしている訳でもなく、奥様が十分に専業主婦で生活していける収入があるケースもありますので、だいたいの奥様はすぐにDVを振るわれたからと言って嫌になるのではなく、ある程度我慢してから旦那様に離婚したい意志を打ち明ける場合がありますので、実はその時点ではかなり意志が硬い状態ではあります。往々にして男性と言うのは気がついた時には時すでに遅しと言うことが多いのですが、もしDVが原因となる場合に離婚したくないために必要なトリガーと致しましては旦那さまが奥様に対してただ謝るだけではなくて今後一切もうDVは振るわないと言う確固たる約束をする事が必須となります。またどの様にしたら奥様に信じてもらえるかと言うと、もし奥様が両親と一緒に住んで欲しいと言えば従う事を拒んではいけませんし、また本当にもうDVを振るわないと言う自信があるのでしたらもし今度ふるったら離婚しても良いと言う覚悟を証明する為に離婚届を書いて奥様に預かってもらっても良いでしょう。それだけDVと言うのは女性を傷つける事なのだと言う事を認識しないといけません。
この他にも離婚したくないために必要な復縁トリガーを引く場合には何回もトリガーを使える訳ではありませんので、とっさに誤った判断をしてしまわない様に慌てずに何をするべきか、また相手の立場になった時に何を欲しているかを考えながら相手に良い影響を与えられる戦略が必要だと言えるでしょう。

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)