離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

新婚早々、離婚なんてしたくない

946 views
約 3 分

・結婚して3年は新婚

実際、新婚はどの程度の期間を言うのでしょう。
確かに結婚したばかりは新婚といいます。

実は期間は人それぞれです。
結婚するというのは相手とずっと一緒にいるということです。
なので、離婚しない限りは結婚期間となります。

例えば、30で結婚、80まで生きると考えれば結婚期間は50年になります。
50年と言えば半世紀です。
かなり、長い時間です。

それを考えたら新婚は3年くらいだと考えてもいいかもしれません。

何故なら、結婚してもすぐには生活は不安定なはずです。
そこで、生活を安定させるためにも3年の月日が必要だからです。

だけど、3年目に離婚の危機が訪れると言われています。
それは3年目にはお互いがいろいろと見えてくるからです。

・結婚3年目の危機の原因を考える

なんでも、5年以内に夫婦の約半数が離婚すると言われています。
なので、新婚3年目に離婚の危機が訪れてもおかしくありません。

だけど、離婚なんてしたくない。

そう考えるなら原因を見つけ出してください。
その結果、離婚を回避できるかもしれません。

まず、結婚は二人の生活の継続です。
離婚となりばそこで二人の生活も終わってしまうからです。
継続するためにはお互い、協力しなくてはいけません。

生活を続けていくと今まで、見えなかったお互いの部分を見ることになります。
その結果、お互いの価値観にすれ違いができ、それが離婚の原因になる場合があります。

結局、相手にはいいところと悪いところが存在するということです。

・具体的な原因を挙げてみると

生活でのすれ違いでお互いが見えなくなる。
今は男女共に仕事を持っている夫婦が増えています。
お互い、仕事をしているとどうしても共有の時間が短くなっていきます。

最悪、同じ家にいるのに顔を合わせない日もある。

これでは相手の気持ちが離れていってしまいます。

さらに価値感の問題です。
一年はいいけれど、二年や三年たつとそろそろ、気になるのが子供の存在です。
だけど、中には子供が欲しいと思わない人もいます。

夫婦同士の価値感にすれ違いが生じるようになっていさかいの原因になります。

最後はやはり、愛情が冷めてしまうことです。

・新婚だからといって油断はできない。

実際、新婚だからといって相手が浮気や不倫をしない保証はありません。
特に結婚する前から浮気性のある相手ならなおさらです。

それに結婚は相手を束縛することではありません。

だけど、気になるのなら相手の行動には気を配っておくことです。

例えば、家でしゃべることが減ったり、夜に自分を誘わなくなったとかは要注意です。
実際、新婚なのに会話がなくなるというのはおかしいです。

新婚なのに家によりつかない。
これはかなり深刻なことです。

だけど、離婚の危機はまだ沢山あります。
実際、結婚3年目にやってくる離婚の危機というのは単なるこれからの結婚生活の序章にしかすぎません。

なので、結婚3年目の壁を乗り越えればこれからの結婚生活に希望が持てるでしょう。

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)