離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚したくないならば、後悔ないように行動しましょう

649 views
約 3 分

・離婚したくないならば、後悔しないように冷静に話し合いを行いましょう

離婚したくないならば、後悔しないように、冷静に話し合いを行いましょう。離婚にまで話が進んでしまうと、感情的になってしまい、冷静に話し合いが出来ない場合が非常に多いです。感情的になれば、感情に任せて思ってもいないことを言って、相手を傷つけたり、判断を誤ったりして、離婚に拍車が掛かる恐れがあります。その為に、話し合いより先に、冷静になることが大切です。後悔したくなければ、冷静になることを常に意識して、話し合いを行い、互いの想いを伝えあわなければなりません。冷静になるということが、離婚回避、後悔しない第一歩だということを忘れてはいけません。

・離婚したくないならば、原因を洗い出し、その解決法を見つけてから話し合いましょう

離婚したくないならば、原因をまずは自分で洗い出し、その解決法、改善を考えてから話すことが大切です。何も考えずに話し合っては、何も解決せず、離婚となってしまいます。相手に誠意を見せなければなりませんので、事前にしっかりと原因を洗い出し、その解決法を考えてから、話し合いを行ないましょう。例えば、仕事ばかりで、家のことをやらないのが原因だとすると、休みの日は行うようにする、残業をやめて早く帰り、手伝うなど、しっかりとした答えを持って、話し合いをしましょう。何も考えずに話し合えば、絶対に後悔するので、やめておきましょう。

・離婚してからの後悔は遅いが、離婚寸前ならばまだ間に合います

離婚してからの後悔は遅いですが、離婚寸前ならばまだ間に合います。離婚していないのならば、まだまだチャンスはあります。もうダメだと諦めないで、出来ることを本気で行ないましょう。話し合いでどうにもならなかったのならば、行動を変えて見ましょう。仕事を早く切り上げて、家のことを行なったり、子供を遊びに連れて行ったり、行動で変わったと伝えることが大切です。仕事ばかりで家のことをやらず、それが離婚の原因となったならば、転職先を探し、それを見てもらいましょう。浮気が原因で離婚の原因となったならば、家では携帯電話を奥さんにも見える状況にしておく、土日は家族以外どこへも出かけず、仕事帰りはどこにも寄らずに帰ってくるなどの行動がとても大切なこととなっています。行動が変われば、気持ちも変わります。それを見てもらい、離婚を考え直す人も多いでしょう。気を付けなければならないのは、離婚回避出来としても、その行動は継続して行わなければなりません。その行動を少しでもやめれば、また離婚にまで話が進んでしまう可能性があります。

・過去の過ちを後悔ではなく反省し、未来を変えよう

自分の過ちが離婚の原因となっている場合、過去の過ちを後悔するのではなく、反省して、それを改善して、未来を変えましょう。自分の過ちをしっかりと認めて、それを改善する努力を行ないましょう。そうすれば、後悔ない人生を歩めます。

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)