離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚回避には話し合いが最も重要なことです

579 views
約 3 分

・離婚回避の為に、冷静になって話し合いを行いましょう

離婚回避の為には、冷静な話し合いを行う必要があります。離婚するまで話が進んでしまいますと、どちらも感情的になってしまいます。しかし、それはとても危険なことで、感情的になることにより、判断力を鈍らせ、思ってもいないことを口にしてしまったり、相手の悪いところばかり目がいってしまったりと、ロクなことはありません。離婚の原因が何であれ、離婚回避の第一歩は冷静な話し合いをすることです。どちらかが感情的になってしまった時は、すぐに話し合いをやめて、冷静な時に話し合いを行うように心掛けましょう。

・離婚回避の話し合いには事前に話す内容をまとめておこう

離婚回避の話し合いをする際に大切なことは、話すことを紙などにまとめておくことです。紙などに書いておくことにより、口で伝えるのが苦手な方や感情的になってしまう方には、相手に想いを伝えやすいでしょう。そして、なぜ離婚したくないのか、自分の悪かったところを認めて、その改善策もきちんと考えておきましょう。そうすれば相手も、きちんと真剣に考えてくれたと、安心することでしょう。話し合いの際には、相手からの要望もしっかり聞いて、それを改善するにはどうしたら良いか、二人できちんと話し合うことにより、離婚回避することが出来るでしょう。

・話し合いの際には言葉を選び、人格を傷つけるようなことはやめましょう

夫婦といえど、話し合いの際は言葉を慎重に選び、相手の人格を傷つけるようなことを言うのはやめましょう。感情的になってしまい、人格まで否定してしまえば、離婚に拍車が掛かる恐れがあります。夫婦といえど、言葉を選び、遠い言い回しで、うまく表現し伝えることが大切です。相手に人格を傷つけられるようなことを言われても、感情的になっているのだなと割り切り、受け流しましょう。ここで感情的になって返せば、離婚に拍車が掛かります。大切なことは冷静になることであり、事前に問題を洗い出して、改善策を考えておくことがあります。伝え方も事前に人に相談するなどして、おかしくないか客観的に判断してもらうことも大切なこととなっています。

・どうしても感情的になってしまう場合は、第三者を入れて話し合いましょう

冷静にならないかばならないことは分かっていても、どうしても感情的になってしまうという方は、第三者を入れて話し合いを行いましょう。第三者がいることにより、感情的になることを防ぎ、尚且つ客観的なアドバイスを貰えたり、メリットはたくさんあります。しかし、第三者の選定を誤ると離婚に拍車が掛かる恐れがありますので、夫婦どちらの立場にもつかず、離婚してほしくないと思ってくれる方、冷静にアドバイスを与えてくれるような、自分達より年上の人生の先輩を選定すると良いでしょう。自分達より年上で先輩ならば、どんな言葉にも耳を傾けてくれるというメリットがあります。

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)