離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚回避の方法

540 views
約 3 分

・話し合いによる離婚回避の方法

離婚するかまでお話が進んでしまうと、冷静な状態で話し合いが出来ていない場合が多いです。冷静な状態で話し合い出来ていなければ、感情的になり、離婚に拍車が掛かる恐れがあります。その為に、冷静な状態で話し合いが出来ていないと言う方は、夫婦のどちら側にも味方しなく、離婚して欲しくないと願っている大人の方を加えて、三人で話し合いすることをお勧めします。誰か違う人がいることにより、冷静な状態で話し合いをすることが可能なので、感情的にならない為に、誰かを加えて話し合いをすることをお勧めします。話し合いを行う際は、まず一人で原因の把握と改善点を考えて話し合いに臨みましょう。何も考えずにいくと、本気度が見えず、感情的になってしまう恐れもあります。そして相手の話を最後までよく聞きましょう。

・子供を理由に離婚回避

離婚は、夫婦二人だけの問題ではなく、子供に大きな影響を与えるものです。精神的なダメージ、経済面、環境の変化など、子供の成長にあまり良くはありません。もちろん一人で立派に育てている方もいらっしゃいますが、両親揃っている方が絶対に良いのです。そのことを話し合いでしっかりと伝えて、子供の為に別れないことで離婚回避をしましょう。離婚しないとなった後、いくらでも夫婦関係は改善していくことが出来ますので、まずは子供の為に離婚しないという話し合いを行いましょう。

・夫婦の歴史を再確認して離婚回避

夫婦の歴史を再確認することもお互い大切です。夫婦には、世界中どこにもない歴史があり、それを確認して見ることが大切です。夫婦二人で歩んできた歴史を確認したり、実際にその場所にいってみたりすることにより、昔の輝かしい気持ちを想い出し、離婚回避に繋がります。人には必ず情というものが存在し、長らく一緒にいたのならば、絶対に情は生まれます。夫婦の歴史を再確認することにより、情も一層厚くなり、離婚を回避することが出来ます。想い出の場所に実際に行けば、懐かしい気持ちになり、自然と会話も増えていくので、実際に行ってみるということもとても大切なこととなっています。

・別居をしてみて離婚回避

どうしても夫婦関係が改善しないという時は、別居をしてみるというのも一つの手です。別居をしてみることにより、お互いの大切さに気付くことがあります。仕事や育児、家事、日々一緒にいた日々、一人になると全部自分でやることになりますので、相手の大切さに気付きやすいです。別居は、ある程度期間を決めて行いましょう。期間を決めなければ、曖昧になり、下手すればそのまま離婚ということになりかねません。期間を決めて、お互いいない生活はどうか噛みしめる生活と割り切り別居を行ってみましょう。そこには、本当離婚した時の経済面などもしっかり話し合ってから、別居をしましょう。別居によってお互いの大切さに気付くことが出来れば、離婚回避することが出来るでしょう。

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)