離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚を回避するために言葉に気を付ける

599 views
約 3 分

言葉はコミュニケーションで利用され、人を喜ばせる時もあれば時に人を傷付けてしまう事もありますよね。離婚を回避するためには、傷付けない言葉を選んで関係を悪化させないようにしましょう。

【ありがとう】

職場でも、家庭でも、近所付き合いでも大切なのが「ありがとう」です。感謝を伝えるのは当たり前のような事ですが、なかなか出来てない場面も多いのではないでしょうか。例えば、働いてくれてありがとう、ご飯を作ってくれてありがとうなどです。家庭では夫婦それぞれの役割があり、働くのも当然、家事をやるのも当然ですよね。しかし、働かなければ家庭の生活は困りますし、パートナーがご飯を作らなければ仕事に十分集中するのは難しいのではないでしょうか?当たり前だけど夫婦がその役割をずっと保ってくれてるのは感謝に値します。感謝はたくさん伝えても損しません。離婚を回避するために、恥ずかしくても「いつもありがとう。」と伝えていきましょう。
また、何かしてもらったらありがとうと言葉に出して伝えましょう。

【幸せ】

離婚したくないと言う事は、今は辛くても今まで幸せだったという事ですよね。その幸せを言葉に出すと、相手に離婚したくないのが伝わります。そして、幸せという言葉はポジティブな言葉であり、言葉を発して怒る人はいません。「お腹いっぱいで幸せ。」「一緒にいれて幸せだよ。」「今日は楽しかった。本当に幸せ。」など、幸せという言葉をキーワードにして相手に伝えてます。夫婦の関係が悪化している時ほど幸せとは言いにくいのですが、頑張って口に出してみると次回から口に出しやすくなりますよ。

幸せと言いにくければ、楽しいでもオッケーです。「一緒にいると楽しい。」「今日は楽しかった。」など、付き合ってる時は一緒にいるだけで楽しかったという思い出があれば、それを思い出していきましょう。楽しかったと伝えると、相手は嬉しくなって夫婦仲を改善しやすいかもしれません。

【ごめんなさい】

離婚したいとパートナーが思ったきっかけはそれぞれですが、もし浮気したなどで自分が悪かった時は素直に謝りましょう。ごめんなさいと口にするのも勇気がいりますし、謝って良いのかどうか迷う時もありますよね。しかし、逆ギレしたり雰囲気が悪くなるよりは謝った方が格段に良いです。素直に謝れば、相手も自分が悪かったと考え直しやすくなります。また、こちらこそごめんなさいと夫婦仲をやり直しするきっかけになりやすいです。ごめんなさいと言いにくいなら、謝る練習を自分でする、謝るシチュエーションを作るなどして、ごめんなさいと言葉にして行きましょう。

【まとめ】

離婚はコミュニケーション不足や夫婦仲の悪化がきっかけになりやすいのですが、プラスになるような言葉や相手を幸せにするような言葉を伝えると、離婚を回避しやすくなります。言葉を力にして、離婚を回避するような声がけをしていきましょう。そして、大丈夫だと落ち着きを心掛けましょう。

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)