離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚したいのか離婚したくないのかを見定めるには

705 views
約 3 分

本日は離婚したいのか離婚したくないのかを見定めるにはどうしたら良いのかと言うお話をさせていただきます。最近ではテレビの情報番組を見ていると一週間のうちに数組の夫婦が離婚をしていると言っても過言では無いくらいに本当に数々のカップルが結婚しては離婚を繰り返しています。しかし一昔前ではほんの少し位の不平や不満があったとしてもせっかく好き合って結婚した訳ですので我慢をした物です。

そして今回の記事は決して離婚を進めるための記事ではなく、離婚したいのか離婚したくないのかを見定めるにあたり離婚を回避していただきたいと切に願っております。では早速いくつかの事例を見てみますと、例えば旦那さまの浮気癖がどうしても治らないケースがあったとします。奥さまの性格にも寄りますが、一般的には一回浮気をしただけでも離婚を考えてしまう方が多いのかも知れません。浮気は確かに相手との信頼関係を裏切る悪い行為ではあります。でもここで離婚したいのか離婚したくないのかを見定めるに当たってはいくつかの項目があります。諦めてしまうのは簡単な事ですが、しかし旦那さまはきちんとお給料は家に入れてくれたり、週末は子供の世話をしてくれたり家事を手伝ってくれたり、浮気をしていても奥さまへの愛情表現変わらずに示してくれているのであれば家族の生活としては上手く回っている事になりますので、離婚はしないと見定めた方が利口だと思います。また亭主元気で留守が良いと言うことわざの通り奥さまへの愛情は無くなっていたとしても旦那さまの事を一緒に生活を営むパートナーであると割り切って暮らすことも離婚したいのか離婚したくないのかを見定めるには良い選択肢だと言えます。少し寂しい感じもありますが、でもお互いの事は干渉しない訳ですのである意味長く生活ができるのです。

また結婚前は別々に暮らしていた事で互いの癖や生活習慣が見えなかったのに一緒に暮らす様になってからは自分の価値感と違うので違和感を感じる事からこのパートナーとずっと暮らして行けるのかと思ってしまう場合もあります。このケースにおいて離婚したいのか離婚したくないのかを見定めるには、実は貴方の考え方一つで気持ちが楽になる事もできます。それはどう言う事かと言いますと『いくら好き合って結婚したとしても価値観が違うのは当たり前』と考えて、例えば洗濯物のたたみ方が違う場合には『自分の愛する人はこうやってたたむんだ』と自分の知らなかった知識を得る事ができたと前向きに捉える事ができればベストです。特に掃除、洗濯、炊事は日々の生活の中で欠かせない事ですし、相手が自分と同じやり方で行う事の方がレアなケースとなるのです。ですので工程に違いがあっても結果に問題が無いのであればいちいち細かい事を気にしないで相手に任せられる事は任せる様にすれば自分の負担を軽減させる事もできるのです。この様に離婚したいのか離婚したくないのかを見定めるには突発的に感じる自分の感情を押し殺して、長いスパンで考えた場合に自分の生活自体はどうなのか、相手に対する感情や適度な距離感を保ちながらであればまんざら悪くはないと思える事の方が多いのではないかと思います。色々な夫婦の形がありますが、どこで復縁のきっかけが訪れるかも分かりませんので、安易な決断はしないでじっくりと考えてみるのも良いでしょう。

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)