離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚したくない場合

360 views
約 3 分

・離婚したくない場合は想いを徹底的に伝えましょう

離婚したくないけれど、相手が離婚したがっている場合、想いを徹底的に伝える必要があります。言葉にしなければ、想いも伝わりません。離婚したくない場合、諦めずに言葉で伝えましょう。言葉で伝えにくい場合は、手書きの手紙なども有効です。手紙ならば、考えて文字にすることが出来ますので、何度も読み返し、書き直しすることが出来ます。手紙はパソコンやメール、ラインなどではなく、手書きでしっかり書きましょう。手書きの手紙の方が、想いが伝わりやすいので、手書きで書くことをお勧めします。

・離婚したくない場合、まずは原因の把握と改善策を立てよう

離婚したくない場合、原因の把握と改善策を立てましょう。離婚したくないだけでは、離婚が進んでしまいます。原因が明らかな場合は、それの改善策をしっかり立ててから、話し合いに臨めば、相手も理解しやすいでしょう。原因すら分かっていない場合には、日々の生活を振り返り、自分の何が悪かったのか、相手の言動を思い出したりして、原因を突き止めてから、改善策を立てましょう。話し合いの際に、原因がズレていては、さらに相手を怒らせてしまう可能性がありますので、原因を探す際は、よく考えて、日々の生活や相手の言動を思い出して、改善策を立てましょう。

・離婚したくない場合、ライフスタイルを変えてみる

生活は習慣に大きく影響されており、単調なライフスタイルは、退屈やストレスをもたらし、不満が溜まり、離婚に発展する可能性があります。ライフスタイルを変えてみると、心も一変させるので、ライフスタイルを変えてみるのも手です。例えば、シフト制の仕事をしていた方は、土日祝日休みの会社に転職する、思い切って引っ越しをしてみるなど、ライフスタイルを一変させるようなことを取り入れることにより、離婚回避に繋がることもあります。シフト制から土日祝日に変えることにより、休みの日の家族での時間が増えてきますし、引っ越しをすれば、環境が変化し、やることがたくさんあり、離婚を考える暇もなくなります。ライフスタイルを一変してみるということも一つの手ですので、思い切りが必要となっています。

・離婚したくない場合、様々な人の意見を取り入れる

離婚したくない場合、様々人の意見を取り入れることが大切です。離婚にまで話が進めば、頭の中はそれだけになり、感情的になり、自分の中だけでは、どうしても解決できないことがあります。そこで、知人や友人に相談して、様々な人の意見を取り入れることにより、解決の糸口が見えてきます。離婚の相談するのは恥ずかしいという方は、今はインターネットで同じような悩みを抱いている方の掲示板がたくさんあるので、それを見て意見を参考にしたり、または実際に投稿して相談してみるなどの行動が大切です。自分の中だけで考えると、考えが固まって変な方向にいきかねませんので、相談するということもとても大切なこととなっています。

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 妻に許してもらい離婚を回避する方法
【男性版】男性の方はこちらをお選びください。

離婚修復に関するマニュアルの販売実績としては、今もなお圧倒的な1位!

まずは、妻に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーが5時間かけて話す内容をまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

・【特典】音声による解説付き
・メールサポート1年間回数無制限
・手紙の書き方サンプルもマニュアルに記載

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法
【女性版】女性の方はこちらをお選びください。

離婚修復に関するマニュアルの販売実績としては、今もなお圧倒的な1位!

まずは、夫に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーが5時間かけて話す内容をまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

・【特典】音声による解説付き
・メールサポート1年間回数無制限
・手紙の書き方サンプルもマニュアルに記載
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)