離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚訴訟で離婚したくない場合

104 views
約 3 分
夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる方法
【改訂版】「夫の浮気・解決法」
プロ心理カウンセラーによる離婚を回避する方法
【男性の方はこちら】【女性の方はこちら】

本日は離婚訴訟で離婚したくない場合についてのお話をさせていただきます。
皆さまは離婚訴訟や離婚調停と言った言葉を聞いた事があるでしょうか?この二つは混同されやすいのですが、先ず離婚調停とはあくまでもお互いの話し合いによって問題を解決させるので、もし貴方が断固として離婚を拒んだとしたら相手は離婚する事ができません。なのでもしお二人に子供がいる場合には『子供の為にも私たちは別れない方が良い』と強く主張をすれば調停委員の方が相手に対して『お子様の事を考えても2人は別れない方が良い』と判断をしてくれるのです。
しかしこれに対して離婚訴訟は裁判になりますので離婚宣告を受けた側の希望通りになるかならないかに関わらず、裁判官の判断に基づいて離婚を成立させる事ができるのです。この事から離婚を宣告した側は離婚調停では離婚ができなかったけど、離婚訴訟に持ち込めば絶対に離婚する事ができると言う可能性が高まるので最初から離婚訴訟の事を考えている人もいるのです。
ですので貴方が離婚訴訟で離婚したくない場合には相手に対して離婚訴訟のデメリットを伝える事で相手の気持ちを緩和させる方法が良いでしょう。その為にも離婚訴訟で離婚したくない場合に相手に伝えるべく2つのポイントをお伝えします。先ず最初は『プライバシーを保つ事ができない』という事です。これはどう言う事かと言いますと、基本的に離婚訴訟は裁判になりますので公開の法廷で行わなければならないと言う原則がありますので『公開』されるのです。なので相手が離婚訴訟を要求して来た場合には『自分達の離婚についての裁判を第三者にも見られるなんて嫌だよね?だから離婚しない方法を見つけましょう』と言って相手をなだめるのも手の一つです。実際にイメージをしてみると離婚訴訟の風景を万が一知人の方に見られていたとすると、夫婦共にとっても恥ずかしい思いをしてしまいます。因みにこれはルールですので傍聴席を無しにしたり、傍聴する人を選ぶ事はできないのです。なのでプライバシーを重視できない事が相手の生活にも悪影響を及ぼすかも知れない事を切に伝えてみると良いでしょう。
そして離婚訴訟で離婚したくない場合の相手に対する提案と致しましては『激しくストレスがかかる』と言う事です。結局の所『離婚』と言うテーマであろうとも訴訟を起こすと言う事は起こす側と宣告された側とで離婚調停とは違って互いが完全に敵になりますので激しく議論を巡らせないといけません。以前は仲の良い夫婦だった事が嘘の様に感じますので本当にそれを相手が望んでいるのか?と言う事を今一度問いただせば相手も冷静になって離婚訴訟を取り下げると思います。

そしてもう一つ離婚訴訟で離婚したくない場合には『時間と多額の費用がかかる』と言う事を相手に伝える方法も有力になります。離婚訴訟は離婚調停とは違って相当の覚悟が必要となります。費用に関しては裁判になりますのでお互いに弁護士を立てないといけません。なので平均すると80万円~100万円と言うお金がかかります。果たして離婚をしようとしている宣告者側にそこまでの貯金があるかと言う問題もありますので、相手に予め離婚訴訟をする場合の金額を伝えてみると現実を知って離婚訴訟を取りやめる場合も少なくありません。
以上、この様に離婚訴訟で離婚したくない場合の方法はいくつかありますので、裁判になったとしても諦める事はありません。尚、自分で直接相手に言えない場合には共通の友人に言ってもらうのもテクニックの一つになります。

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 妻に許してもらい離婚を回避する方法
【男性版】

突然、妻から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い妻に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら実際に「離婚を回避できた事例」を知ることが近道となります。離婚調停の約6万件のうち約2万件は離婚せずに元に戻っているので、あなたにも離婚回避の可能性は十分あります。

まずは、妻に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーがまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法
【女性版】

突然、夫から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い夫に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら実際に「離婚を回避できた事例」を知ることが近道となります。離婚を回避できた事例、そして離婚調停を取り下げてもらった事例を簡単に真似することで回避出来る可能性は大きく高まります。

まずは、夫に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーがまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)