離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚したくない人への回避術

748 views
約 3 分

・離婚したくないならば、問題点をあげて、解決しよう

離婚したくないならば、離婚の問題となっている点を全てあげて、一つ一つ解決していかなければなりません。離婚したくないと思うだけでは、何も解決しません。まずは、問題点をあげて、一つ一つ改善する努力を行わなければなりません。これは、仕事と同じことであり、場合によっては、他人に相談したり、本で調べたり、インターネットを頼ったりと、ありとあらゆる可能性を考えて、問題点解決に取り組まなければなりません。上手くいかないから離婚では、ただの逃げであり、また誰かと再婚したとしても、同じような場面になった時に、また離婚と逃げ癖がついてしまいますので、しっかりと解決しましょう。

・解決方が分かったら話し合いしましょう

問題点をあげて、解決方が分かったら、相手と話し合いを行いましょう。話し合いは、相手の話を聞くことを最優先し、冷静な状態で話し合いを行いましょう。相手の話を聞かずに、自分の意見を押し付けていては、話し合いは上手くいきません。相手も色々なストレスを抱えているので、吐き出すことにより、少しは楽になり、自分の話も聞いてくれるでしょう。相手が感情的になっても、冷静な状態を保ち、落ち着かせてから話すようにしましょう。落ち着いた状態で、冷静な話し合いをして、解決法を提案し、離婚したくない意思を伝えましょう。

・子供の為に離婚回避するという選択

子供がいらっしゃる方は、子供の為に離婚しないと決めて、離婚回避することがお勧めです。離婚には、子供には何の責任もなく、子供を作ってしまった以上育てる義務があります。両親揃って初めて子供の精神は安定しますし、経済面や教育など、両親が揃っていた方が、確実に良いのです。その点を相手に伝え、子供の為に離婚しないという決断を求めましょう。夫婦関係がダメになっているとしても、離婚しないと決めてからでも、いくらでも挽回することは出来ますので、まずは子供の成長のことを第一に考えて、離婚回避をしましょう。子供のことを考えれば、どんな嫌なこと、辛いことでも乗り越えることが出来るでしょう。

・話し合いが通じないなら、手紙を書いて離婚回避

話し合いが通じないと感じたら、手紙を書いてみるということも良いでしょう。手紙ならば、考えて修正しながら書くことが出来ますので、感情的になり、余計なことを言わなくて良いというメリットがあります。手紙には、日頃の感謝、愛していること、離婚したくないこと、自分の悪かったことや改善策を書き出すことがお勧めです。相手も手紙ならば、落ち着いた状態でみることが出来ますし、考えることが出来ます。手紙は、手書きで、メールやラインなどで送ってはいけません。手書きで書いた方が気持ちが伝わりますし、今まで手紙を送ったことがなければ、尚更貴重なことに相手は感じることが出来ますので、手書きで書きましょう。汚い字でも心がこもっていれば伝わります。

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)