離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚したくないならば経済面を考えよう

512 views
約 3 分

・生活の経済面を考えて離婚回避

離婚すれば、経済面は大きく変わってしまいます。例え相手が専業主婦でも、今までご飯を作ってくれていたのが、外食になったり、確実に生活費は掛かります。妻からすれば、大きな稼ぎ手を失ってしまうことになりますので、確実に生活は苦しくなります。離婚の原因は人それぞれ様々あるでしょうが、生活を考えて、離婚しないという選択を選ぶことも大切です。原因は離婚しないと決めてから、いくらでも改善していくことが出来ますし、不景気の今、誰かと協力しなければ生きていくことは出来ません。せっかく縁が合って夫婦となったのですから、経済面も含めて、離婚回避しましょう。

・経済面は子供の成長にも関わります

子供がいらっしゃる方は、経済面は子供に大きく影響します。一人で育てるとなれば、教育費はもちろん、塾代や服、食費なども自分で何とかしなければならなくなります。子供に不自由な思いをさせてしまう可能性が高いです。例えば、周りの子がゲームを持っていても、自分は買えることが出来ず、子供が仲間外れにされてしまうという危険性もあります。教育費の他にも、これほどの危険性があるのです。そんな子供に不自由な思いをさせないように、経済面を考えて、離婚しないと決めることも大切です。子供は夫婦の宝物であり、子供からしたら、両親が離れて暮らすということは、精神的ダメージも大きいことです。その点を考えて、よく話し合い離婚回避しましょう。

・老後の生活を話し合ってみる

離婚は不景気の今、とても危険です。なぜならば年金支給額はどんどん下がっており、老後の暮らしさえ見えない状態です。さらに、妻が扶養などに入っていれば、年金支給額は妻はさらに低くなり、老後もしも一人になってしまった時には、暮らしていくのが困難になるのは明白です。今は年金だけでは、老後暮らしていくことが出来ないので、ある程度老後の貯金も貯めておかなければなりませんし、二人で協力すれば、それが可能だということを話し合ってみましょう。離婚原因が何であれ、現実を見なければなりません。感情的にならず、現実的に将来を見なければなりません。

・経済面は生活を変えます

一度生活レベルを上げると下げるのはなかなか厳しいことが多いです。例えば、慰謝料や養育費などを貰ったとしても、その後離婚しなかった時の経済面と比べたら、微々たるものです。その点もよく話し合うべきです。よく慰謝料や養育費を貰えるから、経済面に困らないと離婚するときは考えていらっしゃる方が多いですが、長い将来を見れば、経済面は大きく変わってきます。離婚するのではなく、離婚の原因を改善していくことに頭を使いましょう。方向を間違えずに、より良い夫婦として生きていくにはどうしたから良いかを考えて、話し合ってみましょう。冷静な話し合いを行えばきっと相手も分かってくれるはずなので、冷静に話し合い、離婚回避をしましょう。

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)