離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚の回避は行動することが何よりも大切です

73 views
約 3 分
夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる方法
【改訂版】「夫の浮気・解決法」
プロ心理カウンセラーによる離婚を回避する方法
【男性の方はこちら】【女性の方はこちら】

・離婚の回避の為に行動が大切な理由

離婚の回避の為に行動はとても大切です。相手から離婚を突きつけられた時に、そのまま素直に受け取り離婚してしまう方と離婚しない為に、行動を起こす方では大きな違いがあります。離婚したいと相手が言ってきたら、それは一つのヘルプサインだと思いましょう。そして、離婚をしない為に、その改善に向けて、全力で行動をしなければなりません。その離婚をしたくないという行動を見て、相手も想われていると思い、離婚を回避することが出来るのです。行動するということは、離婚に限らずとても大切なことなので、離婚を回避する為に、出来ることは全力で行動に起こしましょう。
点は離婚の回避の為に原因の追求と改善策を考える
離婚回避の一番の基礎は、原因の追求と改善策を考えて、相手に伝えることです。離婚の原因となるありとあらゆることを考えて、その一つ一つの改善策を考えましょう。例えば、仕事ばかりで、家のことは全て妻に任せてしまっていた夫の場合、何が何でも家族との時間を作るという行動を起こさなければなりません。週一回でも定時で帰り、家族で夕飯を食べたり、休みの日はどこかに連れて行ってあげたり、家事を手伝ったりして、行動を変えて見ましょう。こういったおもいやりが、妻の視点を変えて、離婚の回避に繋がっていきます。原因を追求し、改善策を考えて行動に移すことがとても大切なことです。

・話し合いが上手くいかない場合

離婚の話となると、どちらも感情的になり、なかなか話し合いが進まない場合があります。子供がいれば、親権や養育費、慰謝料の問題など、お金も大きく関わってくる為に、なかなか話し合いが上手くいかない場合が多いです。その為に、原因追求と改善策を上手くまとめても、相手に伝わらない可能性もあります。そんな時は、話し合いに信頼出来る第三者を入れて、話し合いをしてみるということがお勧めです。第三者がいることにより、人の目もありますし、信頼出来る方なので、アドバイスを貰えたら、原因と改善策も上手く相手に伝わりやすいです。もしも話し合いが上手く進まない場合は、第三者に頼んで、話し合いに参加してもらいましょう。

・子供がいらっしゃる場合の離婚の回避

もしも、子供がいらっしゃる場合は、離婚は子供に大きな精神的なダメージを与えてしまい、成長にも大きく影響してしまいます。父と母のどちらか片方としか住めないダメージや、場合によっては、学校も転校してしまいます。そして何より、金銭的にも大きく違いが出てきます。養育費を貰えるとしても、それだけでは賄いきれないのが現状です。お金がないということは、教育費はもちろん、遊びに連れていってあげられなかったり、欲しいものも買って貰えなかったりと、子供に不満を溜め込んでしまいます。こういった事態にならない為にも、話し合いの際に、言い方を考えて、このことを伝えて、子供の成長の為に、離婚したくないと伝えましょう。

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 妻に許してもらい離婚を回避する方法
【男性版】

突然、妻から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い妻に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら実際に「離婚を回避できた事例」を知ることが近道となります。離婚調停の約6万件のうち約2万件は離婚せずに元に戻っているので、あなたにも離婚回避の可能性は十分あります。

まずは、妻に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーがまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法
【女性版】

突然、夫から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い夫に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら実際に「離婚を回避できた事例」を知ることが近道となります。離婚を回避できた事例、そして離婚調停を取り下げてもらった事例を簡単に真似することで回避出来る可能性は大きく高まります。

まずは、夫に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーがまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)