離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚したくないならば、再建のきっかけと考えよう

580 views
約 3 分

・離婚の話し合いは再建のきっかけ

相手から離婚の話を告げられたら、それは再建のきっかけだと判断しましょう。その離婚したい原因と改善策を考えることにより、より良い夫婦になれるように実行していきたいと素直に相手に伝えて見ましょう。再建のきっかけと前向きに考えることにより、やるべきことが見えてきます。やるべきことは夫婦が別れることではなく、より良くしていくにはどうしていくべきかと考えることです。上手くいかないからといって離婚となればそれは逃げであり、これから先誰かとまた結婚したとしても、上手くいかないからと離婚することになるでしょう。再建のきっかけと考えるように相手に働きかけて、より良い夫婦になれるように努めましょう。

・子供が夫婦の再建のきっかけとなる

子供がいらっしゃる方は、子供が夫婦の再建のきっかけとなります。子供の成長のことを考えると、経済面や精神的なこと、教育に関しても、やはり片親で育てるよりは、両親揃って育てる方が子供に良いです。つまり、子供の成長のことを考え直すことにより、夫婦の再建のきっかけとなります。もちろん離婚の原因となりうることの対策は打ちつつ、子供のことを本気で夫婦で考え直して見ましょう。もしも、じぶんがあまり子供の育児に参加していなくても、これからは参加するようにする約束と、その努力を見せることにより、相手も信頼を取り戻し、再建していくことが出来ます。

・夫婦再建の為に思い出旅行を行ってみる

夫婦再建の為に思い出旅行を行ってみることも大切です。離婚の原因が何であれ、生活していると、単調な毎日が出来上がります。そして、何が大切なことなのか見失いがちになってしまうことが多いです。そんな時は、夫婦水入らずで思い出旅行へ行って見ましょう。思い出旅行とは、出会った場所、付き合った場所、プロポーズした場所、結婚式場、同棲していた場所、子供が産まれたら病院、など夫婦としていきてきたならば、必ず思い出の場所があるはずであり、そこへ夫婦二人で行くことにより、昔の気持ちを思い出したり、今まで築いてきた二人の歴史を再確認することにより、再建のきっかけとなります。冷めきった夫婦関係ならば、思い出旅行することにより、自然と会話も増えていき、楽しい思い出となるでしょう。

・夫婦再建の為に手紙を渡してみる

夫婦再建の為に手紙を渡してみるということもお勧めです。普段手紙など送ったことがない方ならば、効果は絶大です。口では伝えにくい、日頃の感謝や愛していること、これからの将来、自分の悪かった点と改善点などを書いた手紙を送ってみるということも必要です。話し合いでは、感情的になってしまったり、思っていることを上手く言葉にできなかったりすることもあるので、手紙ならば、考えて書くことができるので、想いを表現しやすいです。手紙で再建のきっかけとなった方は多くいらっしゃいますので、心を込めた手紙を書いて見ましょう。

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)