離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚したくない場合の相談所と心構え

799 views
約 3 分

【カウンセラーに相談をする方法】

離婚したくない場合の相談所の一つにカウンセラーがあります。カウンセラーと聞くと通常は精神的に不都合がある方などが通うイメージがありますが、実は離婚問題で悩んでいる方たちが通院をしても診療をしてくれるのです。自分は精神的におかしくないと言うことで抵抗がある方が多いかも知れませんが、でもカウンセラーは色々な方たちのお悩みの相談を受けて解決をしていますので、思い切って相談してみることでいったい夫婦間で何が悪かったのかと言うことを発見することができるのです。そしてカウンセラーに相談する事で得られるメリットと致しましては自分と全く関わり合いのない第三者、しかも人の心のケアを専門に行なっている人に相談する事でかなりのストレスが軽減されると言うことが挙げられます。

【探偵に相談する方法】

次にご紹介させていただく相談所は探偵です。特に旦那さまの帰宅時間が最近遅かったり、妙に色気付いてきたと言う雰囲気の時に相手から急に一方的に離婚の話を切り出された場合には旦那さまが不倫をしている可能性が高いと言えるでしょう。また旦那さまが本当に不倫をしていたとしたら、不倫などの責任は有責事項と言う責任が問われますのでこの有責事項がある側からの離婚申し出は家庭裁判所では認められないことになっているのです。ですので奥さまとして離婚をしたくない場合には旦那さまが不倫をしていると言う確固たる証拠が必要となります。だからと言って自分だけで不倫の証拠を見つけようとしてもなかなか難しいですし、また間違えたやり方をしてしまうと犯罪になってしまうこともありますので、この様な仕事を生業としている探偵に依頼をすることが端的に性格な証拠掴みのための相談所となるのです。

【弁護士に相談をする方法】

次にご紹介をする離婚したくない場合の相談所は弁護士になります。弁護士と言うのは色々な分野の事件を扱っていますが、その中でも離婚問題を専門に扱っている弁護士がいます。なので離婚をしたくない側が相談をすることでどの様な対策を打てば離婚しないで済むかと言うアイデアを弁護士らしく法律を絡めて教えてくれます。ですので法律を交えても絶対に離婚したくないと言う場合には弁護士が良い相談所となるのです。特に離婚問題の話し合いの最中に何かしらの問題が生じた時には途中からでも介入してくれますのでかなり強い味方になってくれるのです。

【離婚相談所に連絡する前に行っておくべきこと】

では最後に離婚相談所に連絡する前に行っておくべきことについてお話をさせていただきます。その中でも一番大切なことは『どうして相手は離婚したがっているのかを知っておくこと』です。実は相手は勝手にもう離婚しかないと思いつめている場合もありますので、実は他に解決策があることを提案してあげることで離婚を回避することだってできるのです。そして相手とこの手の話をする場合には何よりも冷静に話しをする必要があります。あまりにも話し合いが熱くなってしまうと仮に貴方が相手に対して暴言や暴力を働いてしまうと逆に相手から刑事事件として訴えられてしまう場合があります。あくまでも貴方は相談所に連絡する前のネタ集めをしていることを忘れない様に感情的にならない様にしましょう。

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)