離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚したくないと助けて欲しい場合には

1097 views
約 3 分

【パートナーと解決策できるのがベストです】

相手から離婚宣告をされたけれどもどうしても離婚したくないと助けて欲しい場合、いったい誰に相談をしたら良いのでしょうか?色々なアイデアが浮かぶ中で一番大切なことを見失っている場合があります。それは『離婚したくない、助けて』と相談をするのはパートナーであると言う事です。それには直接相手にどうして離婚をしたいのか?また離婚したいとまで思った原因は何なのかを確認して自分に非がある様であれば改めてお互いに協力をしながら夫婦生活を送って行けることが理想的なのです。

【相手の親とコミニュケーションが良い場合】

離婚したくないので助けて欲しいと言う相手の中で、もしも貴方が相手の親と仲が良い様であれば最適な相談先と言えるでしょう。特に旦那さまがモラハラやパワハラを働いているにも関わらず、奥さまとしては離婚したくない場合には、これらのハラスメントに関しては本人に言って治る可能性が低いです。なので普段から相手の両親とショッピングに行ったりご飯を食べに行ったり、理想はお友達付き合いの様な関係性が築かれていれば正直に家庭内で起きていることを打ち明けて素直に『助けて欲しい』とすがってみるのも良いでしょう。そうすれば姑が直接旦那さまに改善する様に働きかけてくれるはずです。それ以前に普段から仲良くしておけば姑が貴方のことを本当の娘の様に思ってくれるので、顔色が悪いと『どこか調子が悪いの?』とか『なんか家庭内であったの?』と気にかけてくれるはずです。

【弁護士に助けを求める場合】

次にご紹介させていただく内容は弁護士に助けを求める方法になります。相手が離婚したい場合に、中には弁護士を使ってでも早期に離婚をしたいと望んでくる場合があります。そうなると法律が絡むので貴方が思いや感情だけでは太刀打ちすることができません。ですので『目には目を』ではありませんが貴方としても弁護士を立てないと離婚を回避することは難しいでしょう。ただ、子供みたいに単純に離婚したくないと言う思いだけでは法律を絡めた話をすることができませんので、どうして離婚問題にまで発展してしまったのかや、貴方はどうして離婚したくないのか、理想とする家庭像などを弁護士に伝えられる様に明確にしておきましょう。

【復縁屋に助けを求める方法】

最後にご紹介をする助けを求める先は復縁屋になります。復縁屋は色々な手口を使ってでも貴方の要望を叶えてくれます。(ただ急に状況が変わる場合もあるので100%ではありません)例えば旦那さまが不倫をしているのだけれども、貴方としては離婚をしたくないので、不倫相手と別れて欲しいと言う要求に対して、復縁屋は旦那さまの不倫相手が密会しているの現場に介入して何かの役になりきって2人を別れさせると言う半ば演劇ではありませんが、旦那さまが不倫相手と別れて貴方の元に戻れる様な作戦を考えてくれるのです。弁護士の様に法律から相手を丸め込む論法ではありませんが、助けを求められる一つの方法として覚えておくと良いでしょう。

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)