離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚裁判で離婚したくない場合

860 views
約 3 分

昨今では一昔前とは考えられない位の離婚率となっており、ここ数年では平均すると年間23万人の夫婦が離婚をしている現状となっております。正に2分に1組と言う計算になりますが、その多くは協議離婚となりますが、中には離婚調停や離婚裁判にまでなるケースも少なくありません。また片方は別れたいけどもう片方は別れたくないと言う場合もあり、その時には離婚裁判で離婚したくない場合の方法を前もって学んでおけば、これ以上に離婚数が増えなくて済む可能性が大いにあります。

逆に離婚裁判にまでなって離婚を阻止できた勝者の方には何が残るのか、その後に何をしなければいけないかも考えておいた方が良いでしょう。因みに離婚裁判で離婚したくない側の意見が通った時には『請求棄却(せいきゅうききゃく)』と呼ばれる判決になります。これは裁判所が離婚提案側の請求を認めないと言う内容となりますので、正に貴方にとっては目指す最終的なゴールになります。またこの判決が出た時点でホッとしてしまうかも知れませんが、離婚裁判で離婚したくない場合の作戦が成功したとしても、いくつかの事を気をつけないといけません。

先ず一つ目はこの場合には結果としてはめでたく貴方の作戦勝ちになった訳ですが、だからと言って相手の愛情が戻って来たと言う事ではないのです。ですのでこれから貴方は相手の愛情が戻る様に頑張らないといけません。特に相手から見た貴方の嫌だった部分については自分の本意ではなくても直さないとその後の生活が上手く運ばない事になってしまいますので、どうしたら相手にとって居心地が良い家庭を作る事が出来るか、少しは結婚当初の様に貴方に気持ちを向けてくれるかと言う事を考えましょう。

その他にも離婚裁判で離婚したくない場合をクリアしたとしても離婚は免れたものの、形は結婚をしていても相手から別居をしたいと言われる場合もあると思います。別居は確かに愛情を求めた結婚生活ではないかも知れませんが、離婚をしていないと言う意味合いで言うと貴方の願いを叶えた状態ではないのかも知れませんが、とりあえず離婚の危機を回避したと言う事でそれからの皆さまの復縁方法にどれだけ注力できるかが大切だと思います。

また、皆さまの考え方によっては、今回の離婚の危機は回避する事ができましたが、次の機会には絶対に離婚したいと、離婚裁判を目論んでいる場合もありますので離婚裁判で離婚したくない場合には結果だけに満足しないで何よりもその後の生活の安定を優先しましょう。特にお子様がいらっしゃる場合には、いくらお子様の前だからと言って、どちらかが不機嫌な態度をしてしまうと直ぐに見透かされてしまいますので、表面だけでも夫婦仲良く取り繕う様にしないと後々のお子様の精神的な成長にも関わって来てしまいます。本来であれば離婚裁判があった話や夫婦仲が悪かった事は何事も無かったかの様に本来の仲の良い家庭像になる事がベストですので、離婚裁判で離婚を阻止した方は色々な面での努力を惜しまない様に致しましょう。

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)