離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚調停で離婚したくない時の弁護士の役割

181 views
約 3 分
夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる方法
【改訂版】「夫の浮気・解決法」
プロ心理カウンセラーによる離婚を回避する方法
【男性の方はこちら】【女性の方はこちら】

本日は離婚調停で離婚したくない時の弁護士の役割と言うテーマのお話をさせていただきたいと思います。何となく家庭の雰囲気が悪かったのだけれども、気が付いたら相手から離婚宣告があって、しばらく放っておいたら離婚調停に持ち込まれたと言うケースも少なくはありません。

もしも皆さまは離婚したくないのに強引にでも相手から離婚調停に持ち込まれた場合には、離婚調停で離婚したくない時の弁護士の役割をご理解いただいて、なるべく早く相談される事をお勧めいたします。それは何故かと言いますと、離婚問題は時間が経てば経つほど修復が難しくなるからです。もしも貴方が離婚したくないとしても、相手から離婚調停では話が付かないからと言って離婚裁判にまで発展してしまう事もあるのです。
また相手が離婚問題を調停に持ち込むと言う事は今までの長い夫婦生活の中で決断した事であり、更に話し合いではなく調停に持ち込んででも離婚したいと言うとっても強い意識があると思って良いでしょう。ですので簡単に気持ちが変わる事はないでしょうから、貴方が離婚調停で離婚したくない時の弁護士の役割としては、なかなか素人では難しい相手の気持ちをねじ伏せてでも離婚したくない貴方の気持ちを尊重して交渉に臨んでくれる事が期待できるのです。

ただ何でもかんでも弁護士に任せっきりと言うのも良くありませんので、交渉を有利にする為にもどうして相手話し合いをしないで離婚調停に進みたいのかと言う気持ちも分析しておく事も大切です。因みに良くあるパターンと致しますと、貴方が普段相手の話を聞かない態度をしていたり、また話を聞いても理由もなくただ『離婚したくない』の一点張りであったり、生活費をメインとする経済的な事の解決が付かないと言う場合もあります。

これらの理由からも推定できる様に、離婚協議では話が付かないからこそ相手も離婚調停に持ち込みたいと考えているのであり、更に相手が弁護士を立ててくる場合には、自分だけでは離婚したいと言う気持ちを通すのに自信がないからなのです。だからこそ離婚調停で離婚したくない時の弁護士の役割は正に相手の弁護士と戦う為だと言っても過言では無いのです。
そう考えると、元々はせっかくお互いの事が好きになって結婚をしたのに、しどろもどろの展開になってしまいますので、もしもパートナーから離婚の話が出た時点で離婚調停や弁護士のお世話にまでならない様に『私たちが結婚をしたのは元々2人で決めた事なのでこの問題をどうやって解決させるかは弁護士や家庭医裁判所を通さなくても2人で良い方向に解決をさせましょう』と意思を伝える事が大切になります。勿論ここで言う良い方向と言うのは貴方が思う離婚したくない方向のことです。それにはある程度相手の希望を聞かないといけないリスクも出てきますが、今一度離婚調停で離婚したくない時の弁護士の役割や費用を考えますと、2人で話し合いが解決できるのであればそれに越した事はないのです。

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 妻に許してもらい離婚を回避する方法
【男性版】

突然、妻から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い妻に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら実際に「離婚を回避できた事例」を知ることが近道となります。離婚調停の約6万件のうち約2万件は離婚せずに元に戻っているので、あなたにも離婚回避の可能性は十分あります。

まずは、妻に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーがまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法
【女性版】

突然、夫から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い夫に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら実際に「離婚を回避できた事例」を知ることが近道となります。離婚を回避できた事例、そして離婚調停を取り下げてもらった事例を簡単に真似することで回避出来る可能性は大きく高まります。

まずは、夫に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーがまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)