離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚したくないならば説得しましょう

1393 views
約 3 分

・離婚したくないなら説得しましょう

離婚したくないならば、説得しましょう。説得といっても決して上から目線にならず、謙虚な姿勢を忘れてはいけません。もちろん問題点を洗い出して、改善策を打ち立てた上での説得が大切です。単に離婚したくないでは、何の解決にもならず、いつかまた同じような問題が起きた時に、また離婚の話となってしまいます。問題点を全て洗い出し、相手も自分も納得がいく方法を探し、説得しましょう。せっかく縁があって出会い結婚したのですから、上手くいかないことも上手くいくように、二人で頑張っていくことが大切でしょう。

・どうしても説得出来ない場合

どうしても説得出来ない場合は、離婚して欲しくないと願う、夫婦どちら側にも付かない、大人な第三者を交えて話し合いをすることをお勧めします。第三者がいることにより、様々なアドバイスが貰えますし、新しい考え方が生まれるかもしれません。また、第三者がいることにより、感情的になりにくくなるということもメリットの一つです。離婚の話をしてしまうと、どうしても感情的になってしまう場面がありますので、冷静な話し合いをするという意味でも、第三者がいる方が、話がまとまり、上手くいく場合が多くなっています。改善策を打ち出して、それを守ることを第三者の前で誓えば、納得してくれることが多いので、第三者を交えて話し合いを行ってみましょう。

・子供のことを考えて離婚危機を回避する

子供がいらっしゃる夫婦の場合、離婚は自分達二人だけの問題ではなく、子供に多大な影響を与えます。両親が二人揃っていない精神的不安、住むところが変われば、引越しや転校、環境の変化、養育費を貰えたとしても、経済的な不安、教育などにも大きく影響を与えてしまいます。そこで、子供の為に離婚をしないように説得するのも一つの手です。子供の成長、教育など、リスクになることが多いことを説明し、離婚回避をしましょう。離婚回避出来てからでも、夫婦関係は改善する可能性はあるので、とりあえず離婚しないという選択を選んだ後、相手との問題を解決する方法もあります。

・両親を交えて話し合ってみる

離婚の話は、お互いの両親を交えて話し合いを行ってみるのも手です。夫婦二人だけですと、意見の押し付け合いになってしまう可能性がありますので、両親がいることにより、人生の大先輩の意見を聞いて、話し合いを行いましょう。両親が出来た人であれば、お互いの息子娘を愛しているので、離婚しないように促してくれるはずです。しかし、離婚を煽るような親の場合は、やめて起きましょう。あくまで、離婚して欲しくないと願う、親ならば、話し合いに参加してもらい、人生を教えてもらいましょう。お互いの親に言われれば、自分も相手も納得しやすく、問題点を改善していくことが出来るでしょう。将来長く一緒にいる為の一つの試練だと思って、一生懸命考えてわ話し合いを行いましょう。

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)