離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚の危機を修復した方の特徴

2052 views
約 3 分

・離婚の危機を修復した方は、話し合いを大切にしています

離婚の危機を修復した方は、話し合いを大切にしています。話し合いもせず、ただお互いの感情をぶつけ合ってしまっては、離婚となってしまいます。大切なことは、冷静な状態で話し合い、原因を明らかにして、それを改善していくことを、夫婦二人で模索していくことです。離婚の原因は、様々あるでしょうが、話し合いをしっかり行わなければ、何も解決しませんので、離婚危機ということを自覚して、自分の想いや考え、原因の改善策をしっかり出して、離婚を避けるようにしましょう。どうしても感情的になり、話し合うことが困難な場合、手紙を書いてみたり、第三者に立ち会ってもらったりして、対策を練りましょう。修復にするには話し合いが何よりも大切です。

・思い出の地を巡って離婚回避

離婚の危機となっている場合、冷静に物事を考えられなくなっていたり、頭の中が離婚のことで溢れてしまっている場合が多いです。そんな時は、一度離婚の話をやめて、夫婦二人で思い出の場所を巡ってみるということも良いでしょう。夫婦二人には、世界のどこにもない二人だけの物語があります。出会った場所や付き合った場所、結婚した場所、子供が生まれた場所など、二人だけの思い出の地を巡ってみることにより、二人の歴史を再確認し、修復出来る可能性が出てきます。会話も自然とはずんできて、もう一度がんばってみようという気にさせてくれますので、お勧めです。

・子供のことを考えて修復する

もしも子供がいらっしゃる場合、子供の為に離婚しないという選択を選び、修復している方も多いです。経済面はもちろんのこと、精神面や教育面など、離婚は子供の人生にとって多大な影響を与えてしまうものです。子供を作った責任は親にあります。そんな子供に不幸な想いをさせない為に、離婚しないよう修復することも大切です。子供のことだけを考えて離婚をしないという夫婦は山ほどいらっしゃいます。子供のことを考えて離婚をしないと決めてからでも、夫婦関係は修復することは出来ますので、まずは子供の成長を第一に考えてみましょう。子供は両親と離れ離れに暮らしたいと思っている人はいませんので、子供のメンタル面も考えて、離婚回避しましょう。

・誰かに相談してみることも大切です

夫婦関係を修復する為に、誰かに相談してみることも大切です。夫婦二人だけで話していると、感情的になったり、お互いの価値観だけでしか物事を考えられなくなりますので、誰かに相談して、客観的なアドバイスを貰い、冷静に考えることも大切です。離婚のことなど、恥ずかしくて、誰にも相談できないという方は、インターネットの投稿サイトで相談してみるのも良いでしょう。インターネットの世界には、自分と同じような悩みを持っている方がたくさんいらっしゃり、何か修復のヒントを得ることができる可能性もあります。相談することにより、楽になるということもありますので、修復の為に相談してみるのも良いでしょう。

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)