離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚したくない場合の探偵活用方法

124 views
約 4 分
夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる方法
【改訂版】「夫の浮気・解決法」
プロ心理カウンセラーによる離婚を回避する方法
【男性の方はこちら】【女性の方はこちら】

【そもそも探偵とは】

一番最初に結論から申し上げますと、離婚したくない場合に探偵を活用することはとても良い方法だと思います。しかしそもそも探偵とはどの様な職業なのかがお分かりにならない方もいると思います。ですのでご説明をしますと、探偵とは法人や個人からの依頼を受けて色々な調査や警戒業務を行う仕事になります。また探偵と聞くと昔は探偵小説やテレビドラマ、ミステリー警戒の映画が有名となり、私たちの実社会では存在しない職業なのではないかと言う噂もありましたが、ちゃんとした職業としても成り立っており、実際の業務はテレビやニュースで放映される事は殆どありませんが、一般社会の生活に密着しながら地道な仕事により業務を遂行して人の役に立っているのです。また主な依頼内容としては調査業務となり、正に今回のテーマに近い男女関係にまつわる身辺調査やトラブル調査となります。特に浮気や不倫之調査が探偵業務の中の役に6割から7割を占めているとも言われている位にメジャーな仕事となります。ですので皆さまのパートナーが浮気や不倫をしている気配があった場合にも依頼人の要請によって表面上だけではなくて一歩踏み込んだ調査を行なってくれるのです。

【探偵を使って証拠を取るメリット】

では皆さまが離婚をしたくない場合に探偵を使うとどの様なメリットがあるのかと言う事についてお話をいたします。通常男女間の問題で探偵を使う場合には離婚したい場合が多いのですが、しかし離婚をしたくないからこそパートナーが浮気や不倫をしている証拠を掴んでおく必要があるのです。これはどう言うことかと言いますと、貴方が浮気をしたくない場合に、当然パートナーが浮気をしている事は気がついているのですが、でもキチンとした証拠を持っていなかった場合(ここで示す証拠とは、単にラインやメールのやり取りではなくて法的に有効となる不貞の証拠になります。)浮気をしているパートナーから急に離婚をしたいと言いだされた場合、その理由はもちろん浮気をしている相手の所に行きたいからに決まっていますが、もしも貴方が相手が浮気をしていると言う決定的な証拠を持っていればそれは不貞行為となります。そうするとパートナーは有責配偶者となりますので、裁判所に持ち込んだ場合でも、基本的に離婚の申し出は認められなくなってしまうのです。ですので貴方さえ離婚にオッケーサインを出さなければ離婚は成立しませんので相手の言い分は通らずに離婚を回避する事が出来るのです。

【不倫の証拠を取っておくメリット】

また不倫の証拠を取っておくことのメリットですが、不貞行為の証拠は法的にも3年間有効となりますので、第1のメリットと致しましては貴方は浮気をしたくない訳ですのでかたち上は離婚を回避できます。ですので有効期間の間に相手と前向きな話し合いを行ってもう一度夫婦としての絆を深めることで復縁を行う十分な時間を取る事ができるのです。また証拠さえもっておけば離婚をしない場合にも浮気相手から慰謝料を請求する事が可能ですので、復縁に向けてパートナーの出方次第では最後の切り札と言う事で取っておくと良いでしょう。

【復縁後の探偵証拠メリット】

もしも探偵を使った作戦が成功して何とか離婚は回避した物のすぐに夫が不倫をしていた場合にはまだ不倫が継続されていると言う事になりますので、その場合には探偵に調査をしたことによって得た決定的な写真や音声記録などをパートナーに突きつければいつでも相手に対してプレッシャーをかけることもできますし、離婚回避に向けて相手に浮気や不倫を諦めさせることができるのです。

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 妻に許してもらい離婚を回避する方法
【男性版】

突然、妻から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い妻に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら実際に「離婚を回避できた事例」を知ることが近道となります。離婚調停の約6万件のうち約2万件は離婚せずに元に戻っているので、あなたにも離婚回避の可能性は十分あります。

まずは、妻に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーがまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法
【女性版】

突然、夫から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い夫に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら実際に「離婚を回避できた事例」を知ることが近道となります。離婚を回避できた事例、そして離婚調停を取り下げてもらった事例を簡単に真似することで回避出来る可能性は大きく高まります。

まずは、夫に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーがまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)