離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

『離婚を回避する方法に関して』

1052 views
約 4 分

・はじめに

愛し合っていたはパートナーが、一旦別居状態になってしまう事で、スムーズに解決して行く事が、非常に厳しくなってしまいます。

離婚を無事に改善する事よりも、この別居のトラブルを、何としてでも確実に解消させて行く事を、第1に考えて、真剣に取り組まない事には、まず不可能だとも言えるでしょう。

但し別居を実際に何とか回復しようと実行に移すと、『一体どんな事から初めて行ったら良いのか、全く解らない‥』などと、すっかり困ら果ててしまうのが、大半だと思われます。

このような人達の為に、ここでは有効的な離婚回避方法などについて、詳しく説明させて頂きます。

・自らの考えや思いの誠意を、相手側にきちんと告げて行く

『誠意』の漢字とは、その名の通りに、『私利や私欲などが一切ない、純真な真心』などと言ったような意味となります。

離婚をしっかりと回避させるには、自身の心の中などにある、様々な欲などを、完全に取り払って行き、相手の事を優先的に考慮しながら、上手に接したり、コミュニケーションを交わして行く事が、大切なコツとなって来ます。

別居する事態へと陥ってしまった、大きな要因などが、もしも自らの方に存在するのならば、相手のパートナーに対して、離婚を留めておきたい気持ちなどを、はっきりと示して行かなければなりません。

誠意を言動ではなく、行動によって上手に伝えて行く秘策などがあったりします。

しかし1番肝心となって来るのは、やはりストレートに言葉を発して行って、誠意ある態度により、真剣である事を、明確に告げて行く事だと言えるでしょう。

・離婚したくない意思などを、相手にはっきりと伝えて行く

離婚を回避して上で、最も大切なポイントであるのに、うっかり忘れてしまいがちでなのが、『別居状態になりたくない』などと、相手の配偶者へと、ちゃんと発言して行く事です。

『別居は絶対に避けたい…ワザワザ言わなくても解るよね?』

『別居をやりたくないとは、一々言いたくない~』

などの考え方だと、別居を回避出来ないどころか、最悪の場合、離婚のアクシデントなどにも、繋がり兼ねません。

別居を絶対にやりたくないと、強く願うのであれば、相手のパートナーへと、必ず伝わって行くように、『別居だけは、どうしても避けたい』や、『別居なんて無理だよ』などと、強い口調により告げて行くべきです。

・誠意ある気持ちを、はっきりと伝えて行く

離婚を何とか避けて行く為には、相手の配偶者に対して、誠意ある心の内側などを、上手く言動に変化させたりして、しっかり告げて行く事が、効果的な回避方法となって来ます。

もっと解りやすく説明すると、下記のような感じです。

.『自身の悪い部分などを改善する、

.『きちんと心を込めて、真面目に謝罪する』

.『自らの非を認めるように、明確に伝えて行く』

.『相手のパートナーが正しい事を、ちゃんと告げて行く』

などが挙げられます。

言いたい事が、沢山出て来るかも知れませんが、この際に事細く指摘していても、いつまで経っても埒が明かない為、話しが順調に進んで行きません。

相手の配偶者の気分を、決して損ねる事などなく、常に低姿勢によって、別居したくない意向などを、真摯に伝えて行けば、深刻な離婚の事態などを、回避する事がきっと出来るはずです。

【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 妻に許してもらい離婚を回避する方法
【男性版】男性の方はこちらをお選びください。

離婚修復に関するマニュアルの販売実績としては、今もなお圧倒的な1位!

まずは、妻に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーが5時間かけて話す内容をまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

・【特典】音声による解説付き
・メールサポート1年間回数無制限
・手紙の書き方サンプルもマニュアルに記載

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法
【女性版】女性の方はこちらをお選びください。

離婚修復に関するマニュアルの販売実績としては、今もなお圧倒的な1位!

まずは、夫に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーが5時間かけて話す内容をまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

・【特典】音声による解説付き
・メールサポート1年間回数無制限
・手紙の書き方サンプルもマニュアルに記載
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)