離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

女性に向けた離婚を回避する、有効的な方法について

 2017年10月28日
1704 回閲覧されました。

【離婚回避のための陳述書テンプレート】を3つご用意しました!
説得力を最大化するために、影響力のある六つの武器を活用し、
明確なメッセージであなたの立場を強化します。
離婚回避のための陳述書テンプレート



この記事が良かったら共有しよう!

※当サイト内に設置している外部リンクはアフィリエイトリンクです。

即効性を期待しつつ長期的な根本解決を目指す

離婚回避マニュアルが完成

女性に向けた離婚を回避する、有効的な方法について

数々の都合や事情などが、最大の原因となってしまい、旦那との別居を仕方なく行い、『離婚だけは、どうにかして解決したい…』などと深く苦しみ、真剣に悩んでいる女性の人達は、世の中にはいっぱい存在しております。

但しこれらの厄介なトラブルなどを、急いで解消しようと、一生懸命に努力すればするほど、何故だか状況が段々と悪くなってしまいます。

気付いた頃には、もうどうする事も出来ない位に、悪化してしまい、すっかり疲れ果てたりして、断念してしまっている女性達が、結構いるのではないのでしょうか?

夫婦の別居や離婚問題へと、実際に見舞われてしまったパターンでは、この最悪の事態などを、上手に取り除いて行く為に、妻側がやらなければ行けない事とは、一体どんな方法なのでしょうか?

・旦那の考え方などへと、特に注目する

『旦那から、何らかのサインが一切なく、いきなりの離婚宣言…』

この事を告げられた妻は、忽ち動揺してしまい、その悪影響から、完全に精神的に落ち着きがなくなってしまい、正しい判断などが、きちんと下せる事が出来なくなってしまった事などは、意外に多かったりします。

例え旦那側から、はっきりと説明を受けたとしてでも、妻はすんなりと認識する事が、どうしても出来ずに、何か意見や反発しようとしてでも、さっぱり思い浮かばない事が、大半の割合を占めるかと思われます。

その際に肝心なコツとなって来る事とは、しっかりと冷静になり、『旦那の考え方』の特徴などに、ちゃんと目を向けて行く事だと言えます。

根本的に女性は男性とは違い、感情を中心として、言葉を発したり、行動する性質があると言われています。

反対に男性側では、論理的に考えたりしながら、何か発言したり、行動を取って行く性質などがあったりするようです。

なので何らかの理論的な言動などを、妻側へと絶対に伝えているはずです。

この旦那の真面目な考えや思いなどを、適当に聞き流す事などなく、抵抗なく積極的に聞き入れ、必ず理解を示す事によって、別居や離婚のアクシデントなどを、賢く改善出来たりする、大きなヒントなどが、上手に掴めたりするのです。

・感情とは異なり、理論で接する

殆どの女性達では、感情により物事を捉えて、優先的に考えて行くなどと言われています。

女性の中には、感情より、理論を最優先にして、考えたり、想像している方々などが、大勢実在したりします。

しかし思わぬ場面などに遭遇してしまうと、感情を優先して考慮してしまう方々などが、やはり多くなってしまうようです。

多くの男性達では、感情とは違い、理論的な考えを中心として、妻との話し合い向かって場合が殆どです。

その事とは逆に、感情的になって受け答えている女性だと、次第に不利な状況になってしまい、別居や離婚する可能性などが、急上昇してしまいます。

このような危険などを絶対に避けるには、感情主体の考えなどは、全部除外して、理論を主体とした、新しい考え方などによって、旦那側へとしっかり対応しなくては行けません。

【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】

更に詳しい情報はこちら(マニュアルをご用意しました)

【広告】女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

手遅れになる前にやること、
それは、女性目線、つまり妻の立場からのアドバイスを知ることです。


~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

マニュアル作成者の保有資格:
・米国NLPマスタープラクティショナー
・ケアストレスカウンセラー
・青少年ケアストレスカウンセラー

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」

この度、カード払いのみ、
分割払い対応をスタートしました。
離婚回避マニュアルが完成! 即効性を期待しつつ長期的な根本解決を目指す

【広告】:
復縁のプロが教える【7step】はこちら(無期限・無制限メールサポート付き)
復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントは記事下部から

この記事を読んだ感想や意見を、コメント欄に書き込んでみませんか?あなたの考えや経験は、他の読者にとっても貴重な情報になるかもしれません。ぜひ、あなたの声を聞かせてください!

この記事を書いた人(寄稿者)

みんなの記事を代理投稿
管理者の保有資格(メンタルケア心理士等複数保有)みんなに書いてもらった記事を代理投稿しています。投稿記事は色々な方が書いた文章になります。とても良い文章が沢山ありますので、あなたのお悩みが解決することのお役に立てるかもしれません。

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)