離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

旦那との有効的な離婚回避方法について

旦那との有効的な離婚回避方法について
夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる方法
【改訂版】「夫の浮気・解決法」

プロによる離婚を回避する方法
【男性の方はこちら】【女性の方はこちら】

あなたと旦那さんが、もしも別居や離婚をやらなければ状態へとなった際などに、『果たして、どちらに落ち度があるのだろうか?』などと言う事は、大して重要な焦点にはなりません。

率直に言ってしまうと、あなたが例え誤った事をやっていないと思っていたとしてでも、『別居や離婚なんて、絶対にしたくない!』などと、強く願っているのならば、旦那さんの気分を害する事などないようにして、上手に接して行かなければなりません

本当に旦那さんとの離婚を、何としてでも解決したいと、真剣に望んでいるのであれば、最も肝心なポイントになって来るものとは、2種類の『謝』である【謝罪】と【感謝】と言う事になって行きます。

ですので、旦那さんが発する言動などを、真摯に受け止めたりして、謝らなければ行けない部分などは、ちゃんと謝罪したりしながら、旦那さんの事が必要である思いや考えなどを、素直に告げて行かないとなりません

・【女】としての自分自身を、もう一度振り返って見て、深く見つめ直すようにする

旦那さん側が、もしも別居や離婚を望んでいるような、発言や行動などが、頻繁に見受けられるようになったのであれば、直接関係したものや、間接的に関係したものに拘わらず、必ず何かしらの、大きな理由などが隠されていたりします。

もし仮に『お前の○○な所が、凄く嫌だ〜』などや、『お前の○○な点などが、見ていてとても不愉快だ!』などと告げて来たのであれば、この点をはっきりと意識して、きちんと改善して行く、必要性などが出て来たりします。

この時に注意して頂きたいのは、【○○】の所だけに拘って、解決させて行くのではなく、その他の大切な点においてでも、真剣に考えて行きながら、頭の中などで、しっかりと想像して行かなくてはなりません。

その事が、本来【女】としての、自らが発する言葉などを、今一度振り返って、じっくりと見つめ直して行くと言う事です。

例として挙げるのならば、『話す口調や他人に対する接し方などに、女性らしい態度によって、上手に対応出来ているかのか?』などや、『着ている服装や、メイク・ヘアスタイルなどに、手を抜いたりしていないのか?』などと言う部分などです。

あなたの内面や外面などが、全体的に魅力的で、優れているのならば、旦那さんは悪い印象など、まず持たない為、別の不満点な、納得が出来ない点においてでも、指摘する事などは止めておき、安定した関係を、順調に築いて行こうとしてくれるはずです。

なので上記の事を、特に意識しながら、『【女】としての自分自身とは、旦那さんの視線から見て、本当に好感が抱けるのか?』などに、焦点を当てて行きながら、自らの事へと、ちゃんと注目して行くようにして見て下さい。

そうすれば、離婚を回避させて行く、効果的な有効手段へと、必ず結ぶ付いて行くはずです。

大半の男性陣の心理として、嫌なタイプの女性には、絶対に好意を示せません。

あなたの心や外見などが、見違えるように、キレイに生まれ変わって行く事で、旦那さんのあなたに対する好感度などは、飛躍的にアップして行く事でしょう。

【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 妻に許してもらい離婚を回避する方法
【男性版】

突然、妻から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い妻に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら実際に「離婚を回避できた事例」を知ることが近道となります。離婚調停の約6万件のうち約2万件は離婚せずに元に戻っているので、あなたにも離婚回避の可能性は十分あります。

まずは、妻に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーがまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法
【女性版】

突然、夫から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い夫に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら実際に「離婚を回避できた事例」を知ることが近道となります。離婚を回避できた事例、そして離婚調停を取り下げてもらった事例を簡単に真似することで回避出来る可能性は大きく高まります。

まずは、夫に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーがまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

コメント投稿

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)