離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

生活リズムの違いが原因での離婚危機から回避する方法

4257 views
約 3 分
生活リズムの違いが原因での離婚危機から回避する方法

お互いの生活を尊重すること

お互いに尊重する

癒される言葉の贈り物

お互いのことを好きになって結婚をしたは良いけど、実際に一緒に生活をすると生活リズムの違いで離婚の危機に陥る場合もあります。違いを互いに理解しあっていかなければ上手くいきません。ですので、お互いの生活を尊重する様にすることで離婚の危機から回避をすることができます。お互い、1つの生活のために頑張っているのだと認めることができれば、おのずと心の底から「今日もお疲れ様」と相手に伝えることも出来ると思います。お互いに尊重しあって言葉がけを大切にしていきましょう。相手に「癒される言葉の贈り物」をしてみましょう。言葉の力は本当にすごいです。

家事の分担

共働きでしかも互いに勤務時間が違う場合には旦那様は奥様だけに家事を任せてはいけません。お互いに働いている訳ですので例えばワイシャツや靴下を脱ぎっぱなしだったり食事に使った食器を洗わずに出しっぱなしにしていると奥様からすると自分も働いているのにと不満が出てきます。ですので予め曜日ごとでも良いですし、掃除、洗濯、炊飯とジャンル別に当番を分けても良いので必ず片方だけに家事を押し付けるのはやめましょう。これは生活リズムの違いが原因での離婚の危機に陥った場合に特に奥様が感じる不満になります。逆に協力をしてくれる旦那様であれば確かに生活リズムは違っても家事と言う共通点が生まれて一緒に暮らしていると言う意識が芽生えるでしょう。

月に一度は夫婦の時間を作りましょう

昨今では国の制度も変わって会社でも有給休暇が取りやすくなって来ています。ひと昔前であれば有給休暇は使う権利があってもなかなか取りにくい現実がありましたが今は違います。ですので互いの性格が大好きで愛情を感じ的にも問題がないのに、だだ夫婦の生活リズムが違うことでのすれ違いが原因で離婚の危機に陥ってしまうのはとてももったいないことです。そんな時には月に一度は夫婦間で日にちを合わせて有給休暇を取り、食事ををしたり映画を見たり家でマッタリしたりなど、お互いの近況も話し合いながら良くコミニュケーションを取る様にしましょう。とくに女性側からすると話好きだったり寂しがりやの人が多いのでコミニュケーションを取ることで心の隙間を埋めることができます。この様にコミニュケーションを取って行けば例え生活レベルが違っても更に愛情が深まり1つの目標に向かって頑張っている一体感が生まれるので離婚を回避することができます。

もっと本格的な方法を知りたければプロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法を見て下さい。

【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)